グッチがバッグの新しいラインGUCCI BLONDIEを発表 アーカイブからインターロッキングGをラウンドにかたどったモチーフにインスピレーションを得てデザイン

GUCCI(グッチ)が、バッグの新しいラインGUCCI BLONDIE(グッチ ブロンディ)を発表。絶えず進化するブランドの物語をさらに先へと語り進める。この新ラインは、グッチのアーカイブからインターロッキングGをラウンドにかたどったモチーフにインスピレーションを得てデザイン。1971年の特許文書にも記載されているシンボリックなモチーフを再解釈し、コレクションの核となるアイテムの主役とすることで、アレッサンドロ・ミケーレは時を超え、発見されて新しい声を与えられるのを待っていた物語の糸口をそっと引き出し紡ぎ続ける。グッチ ブロンディは、ロサンゼルスで開催されたGucci Love Paradeコレクションのファッションショーで初めて披露され、異なる時代をエフォートレスに繋ぐことができるアレッサンドロ・ミケーレのクリエイティビティがあますところなく体現。時代を超越してよみがえったグッチ ブロンディには、彼の変幻自在でカリスマ性のあるデザインの本質が映し出され、グッチの他のラインと同様に、いつの時代にあってもコンテンポラリーであり続けることができる。幅広いサイズ、シルエット、ディテールを備えて展開され、ショルダーバッグとしてもクロスボディバッグとしても着用できる汎用性の高いメッセンジャーバッグには、ウェブ ストライプとレザーの2種のストラップが付属。スモールサイズのショルダーバッグは、ストラップを内側に収納するとクラッチバッグになり、デイタイムからナイトタイムまでさまざまなシーンで活躍。長さ調整と取り替えが可能なウェブ ストライプとレザーの2種のストラップが付属したミニサイズのバッグも登場した。レザー、スエード、 GGスプリーム キャンバスで展開され、バッグ本体にもウェブ ストライプのストラップにも多彩なカラーバリエーションが揃う。グッチ ブロンディを主役にした最新の広告キャンペーンは、ニューヨークへのラブレターをテーマに、ニューヨークのさまざまな名所でモデルたちの姿を写し出す。アナログ時代を彷彿とさせるルポルタージュ風のショットは、グッチの歴史を物語るバッグを即興的に捉えたもので、どのシーンにも過去、現在、未来がダイナミックに融合している。グッチから新たに登場した、グッチ ブロンディをあなたのデイリーバッグにしてみてはいかが。

Creative Director : Alessandro Michele、Art Director : Christopher Simmonds、Ph & director : Angelo Pennetta、Make up : Thomas De Kluyver、Hair : Paul Hanlon

Anne Hathaway: courtesy of Gucci/IPA Agency

Elle Fanning: Courtesy of Gucci/IPA Agency

 

■GUCCI「GUCCI BLONDIE」

お問い合わせ:グッチ ジャパン クライアントサービス / TEL 0120-99-2177

www.gucci.com