diptyqueより一日を通して楽しめる初のホームケアコレクション「La droguerie(ラ・ドログリー)」を発売 日々の暮らしにインスピレーションを与え、毎日新たなページを迎える喜びを表現

diptyque(ディプティック)は、キッチンからランドリー、ベッドルームからリビングルームへと、一日を通して楽しめるホームケアコレクション「La droguerie(ラ・ドログリー)」を、6月3日より発売。日々の暮らしを香りで彩ること、それは一種のアート。そして、その一瞬一瞬の、時の流れの中で、人生と向き合う方法でもある。創業者たちのイマジネーションと彼らの生まれながらの美的センスに支えられ、メゾンdiptyqueは、日々の暮らしを香りで彩る新たな方法を提案してきた。室内外で使用できるガーデンキャンドル、香りのオーバル、カーディフューザーなど、それらの新たなフレグランスの提案は、思いがけない場所で活躍している。ここにはBaies(ベ)の爽やかなノート、そして遠くでは、Figuier(フィギエ)のウッディな香りが漂っている。その香りは日々の暮らしに、インスピレーションを与え、毎日新たなページを迎える喜びを表現している。「ラ・ドログリー」コレクションは、今までのフレグランス作品に新しい仲間を加えるもので、香りの方向転換はもちろん、ツイストを効かせながら、その香りの幅にふくらみを持たせている。ホームケア製品のコレクションは、美しさと実用性、環境への配慮を兼ね備えており、室内の手入れを楽しいものに変え、掃除が終わった後の満足感を待つ必要はなくなる。このコレクションに含まれる美しいオブジェは目と心を楽しませ、その香りは想像力をかきたてる。「ラ・ドログリー」コレクションの香りの構造は、diptyqueの調香師の独自のノウハウから誕生。メゾンdiptyqueのハーバリウムからひとつひとつ摘み取られたエッセンスは、日々の暮らしの手入れにユニークで繊細な香りのアプローチをする。キッチンからランドリー、ベッドルームからリビングルームへと、一日を通して、イチジクや花盛りのオレンジの木々に囲まれた、心地よい散歩を楽しむことができ、時にはバジルや磨かれた木製品の香りも漂う。環境に配慮されてデザインされた 「ラ・ドログリー」コレクションは、アイテムの美しさや感覚的な楽しさと同様に、環境に対する責任をとても大切に考えている。コレクションの製法、パッケージ、フレグランスは、長期にわたりこの約束を守っていく。液剤の製法には、99%以上の天然または自然由来の成分を使用した生分解性素材。リフレッシュキャンドルを除き、その他のアイテムはすべて、持続可能な活動に関する世界的な認証機関であるエコサートの認証を受けている。琥珀色のパッケージボトルは、リサイクルガラスを採用し、リフィルを詰め替えることで継続して使用することができる。メゾンdiptyqueと友人関係にある調香師Olivier Pescheux(オリヴィエ・ペシュー)がデザインしたフレグランスは、エコサート認証を取得した天然成分に基づいて調合している。diptyque初のホームケアコレクション「ラ・ドログリー」で、日々の暮らしに香りのエッセンスを加えてみては。

■diptyque「La droguerie(ラ・ドログリー)」

2022年6月3日(金)発売

お問い合わせ:diptyque Japan 株式会社 / TEL 03-6450-5735

diptyqueparis.com