Weekend Max Maraは2022年秋冬シグネチャーコレクション「Habito by Patricia Urquiola」を発表 世界的に有名な建築家でありデザイナーでもあるパトリシア・ウルキオラとのコラボレーション

Weekend Max Mara(ウィークエンド マックスマーラ)は、2022年秋冬シグネチャーコレクション『Habito by Patricia Urquiola』を発表。第10回目を飾る記念すべきシグネチャーコレクション『Habito by Patricia Urquiola』は、世界的に有名な建築家でありデザイナーでもあるPatricia Urquiola(パトリシア・ウルキオラ)とのコラボレーションにより誕生した。言葉とビジョンが融合し、建築家・デザイナーとしてのウルキオラの洗練された多面的な才能が、本コレクションに反映。ゆったりとしたワイドでルーズなシルエットは、ウィークエンド マックスマーラらしいスタイル。洗練された旅人とその目まぐるしい生活に合わせた着心地の良さと個性とを兼ね備えている。「『Habito』とは、“habits(習慣)”や一人称の”to inhabit(住む)”を意味するスペイン語です。人はどのように空間で過ごすのか、生活を送るのか。それを日々、さまざまな次元で研究するのが私の仕事です。衣服も同様です。衣服は住まいの一部であり、私たちとともに生活します。本コレクションは、我が家のようにあなたを迎えてくれるハイブリッドなアイテムの物語です。感情が住まう場所なのです」と、パトリシア・ウルキオラは語る。彼女は「Habito」が自分にとって非常にパーソナルで親密なプロジェクトであることを付け加えた。コントラストを効かせたグラフィックのパターン、カラー、質感、予測不可能な効果を演出するシルエットなど、視線をくぎ付けにするミスマッチ感。ハイブリッドな効果がコレクション全体に反映され、ブラウスはジャンパーブラウスに変身し、コートやキルティングジャケットはシームレスに調和している。象徴的なアイテムであるコートは、ウルキオラの「ハイブリッド化」を最も明確に体現。コクーンシェイプを中心としたウィークエンド マックスマーラの定番シルエットを再解釈したもので、伝統的なウールやリブニットにテクニカルナイロンを組み合わせ、マット、光沢、反射などの効果をプラスしている。「Habito」は、ウルキオラのルーツへの敬意を表し、カラフルな裾、ボリューム感、折り目など、スペインの民族衣装の要素も取り入れている。計算された色使いでディテールを強調したり、あるいはブラウスやオーバーサイズのニットにグラデーション効果を取り入れたり、本コレクションでは色彩も主役級の役割を果たしている。コレクションの気分を完成させるアクセサリーは、ソフトレザーのチェルシーブーツ。ラグソールにフリンジをあしらって、パーソナルな解釈でデザイン。ブランドのアイコニックなデザインを再解釈したパスティチーノバッグはパッドを入れた縦のパターンで立体感を出したタイプ、斜めのラインで玉虫効果の輝きを演出したタイプの2種類のファブリックを使用、留め金は大きめにデザインし、大胆な印象を演出している。ウィークエンド マックスマーラの2022年秋冬シグネチャーコレクション『Habito by Patricia Urquiola』で、あなたも視線をくぎ付けにしてみては。

Patricia Urquiola

 

■Weekend Max Mara「Habito by Patricia Urquiola」

www.maxmara.com