GIORGIO ARMANIが世界的プロジェクト「Crossroads」の第2弾となるセカンドシーズンを開始 世界の12人の女性の日本代表に三吉彩花さんが選出

GIORGIO ARMANI(ジョルジオ アルマーニ)は、世界的プロジェクト「Crossroads」第2弾となるセカンドシーズンを開始し、世界からアルマーニが選ぶ12人の女性たちを発表。日本からは女優の三吉彩花さんがアンバサダーに就任し、5月17日に、プロモーションビデオと画像が世界同時公開された。2021年から始まった「Crossroads」プロジェクトの第1回では女優の菜々緒さんが日本人代表としてアンバサダーを務めている。今回のプロジェクトでは、世界各国の主要都市から選ばれた12人の女性たちがそれぞれの人生のエピソードをインタビュー形式で紹介。アンバサダー達は人生の岐路に立ち、将来に大きな影響を与える決断を迫られた重要な瞬間を、自分の言葉で語っている。プロモーションビデオやインタビューの撮影も、本人にとって大きな意味を持つ場所で行われ、今回三吉さんが選んだのは、「渋谷スクランブル交差点」と「静けさを称えた美しい森」だった。世界配信され大きな話題となったドラマの撮影地と、自分を無にしてリフレッシュできる場所がその理由となっている。都会の喧騒と、無音に近い自然という両極のステージでどんな思いを語ってくれたのか?詳細はビデオでチェックすることができる。三吉彩花さんは、「ジョルジオ アルマーニの世界的なプロジェクト、クロスロードのアンバサダーに選んでいただき本当に光栄です。今回の企画で自分のパーソナルな部分を世界の皆さんに知ってもらえるという事は、怖いことでもありますが、この取り組みの方向性を知ってすごくワクワクしています。今回の撮影は、私にとって意味のある場所とファッションのコントラストや、その場で生まれるフィーリングが画面越しにも伝わると思います。今までで一番大事な選択は?をインタビューでも聞かれましたがそれは『今』です。毎日の選択がとても重要だと感じているからです。自分の意思がどこにあって、自分の目的がどこにあるかってことが大事だと、だから明日からも一番重要な選択が多分毎日続いていくと思います。」と、デザイナーのジョルジオ・アルマーニは、「このプロジェクトは、強く生きる女性たちを高く評価し、その考え方を発信するサポートするための取り組みの一環。80年代にエレガントなテーラリングを中心とした働くためのワードローブを開拓して以来、一貫して現代を生きる女性の声を伝え、その個性と能力を称えることを続けてきました。三吉彩花さんは、海外での活動も視野に入れ、明確な目標に向かって自分の選択した道を力強く歩んでいる方で、まさにこのプロジェクトにふさわしい女性の一人です。」と話している。ジョルジオ アルマーニ「Crossroads」第2弾となるセカンドシーズンを通じて、ブランドと三吉彩花さんの世界観を堪能してみては。

■GIORGIO ARMANI「Crossroads」シーズン2

2022年5月17日(火)世界同時公開

https://www.armani.com