ゼニアが”232号線”をテーマとしたブランドバリューキャンペーン「ZEGNA 232」を発表 Isaac Hempstead Wright、Marracash、Yagamotoの才能溢れる3人のクリエイターが集結

ZEGNA(ゼニア)は、3人のクリエイターを起用したブランドバリューキャンペーン「ZEGNA 232」を発表。Oasi ZEGNA、それはZEGNAの価値観にとって、全ての出発点であり故郷。1930年代に、創業者であるエルメネジルド・ゼニアは、Oasi ZEGNAに繋がる44.5キロメートルに及ぶ道路を建設した。この道路、別名232号線は、ZEGNAのインスピレーションの源でもある。232号線は、今もなお、ZEGNAのあらゆるアクションの道筋を示す存在となっている。そして新たなブランドバリューキャンペーン「ZEGNA 232」も、その表現のひとつ。「ZEGNA 232」では、共通の理念と進歩的な未来のビジョンによって繋がる、先見の明を持ったファミリーのあり方を”232号線”という道を使って表現する。この232ブランドバリューキャンペーンにあたり、俳優のIsaac Hempstead Wright、HIPHOPアーティストのMarracash、そしてムーブメントディレクターのYagamotoの才能溢れる3人のクリエイターが集結。彼らは大胆に新たな方向性を表現しながら、変化へと導く。先見の明に溢れるこの3人は、ポジティブな自信に満ちた佇まいと、慣習に縛られず大胆な選択を厭わない精神を併せ持ち、彼ら自身だけでなく、それを目にする者たちにとっても、進むべき新たな道を啓示、切り開いている。ZEGNAが”232号線”を大切にする背景には、到着地よりもその道のりが重要であるという考えがあり、そしてこの3人もまた、高い意識と好奇心、そして共感性に満ちた姿勢で、現在を全力で生きる人たち。ZEGNAは、彼らのパーソナルな物語と視点を共有することで、人が確かな意図をもって人生を歩み、強い目的意識に自発的に動かされるときに生まれる美しさに光を当てる。新たな時代の到来を告げる232キャンペーンでは、彼らの姿をありのままに映像にすることで、ダイナミックな個性と優れたスタイルのセンスを見事に映し出す。3人が身にまとうのは、ZEGNAのアーティスティックディレクターであるアレッサンドロ・サルトリが生み出した、自己の表現と自由な動きを重視する、新たな発想のワードローブ。キャンペーンでは、ZEGNAの新たな象徴となる「ZEGNA 232」ブランドマークも登場する。232号線をグラフィックで表現するこのマークは、力強いシンボルとして、先見の明の持ち主たちと共に「たどる価値のある道」を追求するZEGNAのこれからの歩みにおける道しるべとなる。ゼニアのブランドバリューキャンペーン「ZEGNA 232」のような進むべき道を、あなたと大切な人とともに歩んでみては。

■ZEGNA

https://www.zegna.com/jp-ja/