NIKELABのナイキ ISPAより着用した後に分解してリサイクルできるシューズが登場 3つの部材が接着剤を使わずに繋ぎ合わされたスニーカー2型が6月と2023年初頭に発売予定

ナイキ ISPA Link ¥27,500(税込)

NIKELAB(ナイキラボ)のナイキ ISPAより、新たに、着用し、その機能を活用した後に、分解してリサイクルできるようにデザインされたスニーカーが登場。ナイキ ISPA リンクは、6月23日よりSNKRS、NIKE MA5 DSM GINZAなどで順次発売予定。また、ナイキ ISPA リンク アクシスは、2023年初頭に発売予定となっている。ISPA(Improvise:即興; Scavenge:資源・廃棄物の有効活用; Protect:守る; Adapt:対応する)とは、実験的で、型にはまらない新しいものづくりを促すためのナイキのデザイン理念。今回は、ナイキの資源循環のビジョンに沿って、地球とスポーツの未来を守るために、廃棄物を出さないシステムの実現を目指した。その結果、ナイキのイノベーションの力と、未来の循環デザインの実現を感じさせるも全く新しい2つのフットウェアが誕生した。この未来的なシルエットは、3つの部材が接着剤を使わずに繋ぎ合わされており、使用後は分解することができ、ミッドソールのペグ状の突起をアッパーの開口部に差し込んで組み立てると、快適さ、安定感、通気性と飛び抜けたフィット感を持つシューズになる。これは試作品を200時間余り着用した40名のアスリートが実証済みだという。製造の視点から見ると、リンクは革命的と言えるほどシンプル。リンク1足の組み立て時間は約8分。従来のスニーカーの平均製造時間と比べても驚くほどの短さだが、これは特注の道具を使うことと、ミッドソールを組み立てるための長時間の糊付け作業が不要になったことで実現された。また、シューズの生産中、冷却、加熱やベルトコンベアのシステムなどのエネルギーを消耗する工程もない。ナイキ ISPA リンク アクシスは、ISPA リンクのサステナビリティ志向をさらに進化させたもの。100%再生ポリエステルのフライニット アッパーは、ISPA リンクに採用した従来タイプの素材を裁断、縫製する製法ではなく、アウトソールにピッタリとフィットする精密なデザインで、ソールに用いたTPUはエアバッグ素材のスクラップを使った100%リサイクル原料を使用。さらに、20%リサイクル素材のTPUケージも組み合わせている。リサイクル原料を行うことで素材の物理特性が変化するため、リサイクルの割合を高めながらも耐久性やトラクションのニーズを満たす必要があり、ケージを採用した。分解できるシューズの新しい頂点的存在であり、素材選択、循環性、廃棄物削減と改良という循環デザインの原則を形にしたものとなっている。ナイキ ISPAより登場した、着用した後に分解してリサイクルできるスニーカーから目が離せない。

■NIKELAB「ナイキ ISPA リンク」「ナイキ ISPA リンク アクシス」

2022623日(木)ナイキ ISPA リンクがSNKRSNIKE MA5 DSM GINZAなどで順次発売予定

2023年初頭 ナイキ ISPA リンク アクシス 発売予定

お問い合わせ:NIKE カスタマーサービス / TEL 0120-6453-77

www.nike.com