EMPORIO ARMANIはデジタルキャンペーン「THE WAY WE ARE」の特設サイトをオープン ”Self-Identity × Emporio Armani”をテーマに窪塚洋介さんや佐藤 匠さん、秋元 剛さんなど個性溢れる21名が登場

昨年、ブランド誕生40周年を迎えたEMPORIO ARMANI(エンポリオ アルマーニ)は、デジタルキャンペーン「THE WAY WE ARE」の特設サイトを、4月15日にオープンした。ブランドにとって大きな節目となる昨年、EMPORIO ARMANIは「THE WAY WE ARE」を合言葉に回顧展の開催やマガジンの発行、そしてZ世代の若者7名を起用したデジタルキャンペーンを行った。そして今年、昨年誕生したブランドの合言葉「THE WAY WE ARE」がデジタルキャンペーンで戻ってきた。今年展開される「THE WAY WE ARE」のテーマは「Self-Identity × Emporio Armani」。社会の在り方や生活様式が大きく変わる昨今において「個」はますます多様化している。「個」とEMPORIO ARMANIのファッションが合わさる時に姿を現す唯一無二の世界観…。このデジタルキャンペーンでは、予測不能な化学反応を楽しむ画像&動画コンテンツが、続々と登場した。自分たちの在り方”THE WAY WE ARE”を肯定し「個」の素晴らしさを表現する今回のキャンペーンに登場するのは、20代から60代までの男女21名で、彼らの職業は、俳優、モデル、喫茶店オーナー、障碍者支援職、など多岐に及ぶ。EMPORIO ARMANIのデザイナー、ジョルジオ・アルマーニは「洋服は、着る人自身の個性に寄り添うことが必要。洋服が主役ではなく、着る人自身が主役であるべきだ」という哲学を頻繁に発信しているが、今回のキャンペーンは、まさに21名の個性が主コンテンツ。個性的な着こなしやデザイン性が強いアイテムでさえも、決してそれぞれが持つ「個」を消すことはなく、時にはメンズアイテムを女性が着用したり、再生素材をコーディネートに用いたりとそれぞれの「個」に順応するEMPORIO ARMANIのアイテムやコーディネートの数々は、ブランドの持つ幅広い世界観とブランド哲学を表現している。また、デジタル化が進み、撮影した画像がその場で見られる今の時代に、今回の撮影はフィルム撮影を採用し、白の無機質な背景を背に存在するのはひとりの人間とEMPORIO ARMANIのアイテムのみ。「一瞬の切り取り」に集中しフィルムカメラをじっとみつめるそれぞれの目線は、自然体でありながら自信にあふれ、「個」の喜びを全身で表現しているよう。また、動画コンテンツでは21名それぞれが自分自身を一言で表現しようと挑んでいる。窪塚洋介さんをはじめ個性溢れる各人が「自分のアイデンティティとは何か」に向き合い、それぞれの言葉を紡ぐ動画コンテンツは必見。EMPORIO ARMANIのデジタルキャンペーン「THE WAY WE ARE」をチェックして、あなたなりのファッションを楽しんでみては。

窪塚 洋介

左:佐藤 匠 右:Reyla

左:南部 桃伽 右:小森リオ

左:Xiang Yu 右:Shoko

左:水村 里奈 右:Natsuyo Chinsho

左:Kyoko Kuwabara 右:Chen Xi

左:秋元 剛 右:中村勇貴

左:Shohei 右:ALI

左:Takehiko Sawada 右:YAMATO

左:小林 良男 右:GENKI

左:Wataru Komada 右:Yasuo

 

■EMPORIO ARMANI デジタルキャンペーン「THE WAY WE ARE」

2022年4月15日(金)公開

お問い合わせ:ジョルジオ アルマーニ ジャパン / TEL 03-6274-7070

特設サイト:https://events.emporioarmani.jp/cpn/22ss/thewayweare/