L/UNIFORM(リュニフォーム)が藤原ヒロシによる”fragment design”とのコラボレーション「L/UNIFORM × fragment design」を発売 #GETINSPIRED

L/UNIFORM(リュニフォーム)は、藤原ヒロシによるfragment design(フラグメント デザイン)とのコラボレーション「L/UNIFORM × fragment design」を、4月15日より、L/UNIFORMショップとL/UNIFORM.JPにて発売中。この新たなバッグは129番、数量は各色45点。ナチュラルな織布キャンバスにディープブルー、ブラック、ポピーレッドのコットンディテールが施され、コットンカラーと同じFragmentのロゴが施されている。藤原ヒロシさんのことは、L/UNIFORMデザイナーであるジャンヌ・シニョールが初めて日本を訪れた1998年以来、もう24年も前から聞いていた。そして数年後、共通の友人であるフレデリックから直接紹介してもらう機会があった。2013年6月、パリのパレ・ロワイヤルの側にオフィスを移転したばかりのこと。サンジェルマン・デ・プレのL/UNIFORMショップはまだオープンしておらず、コレクションもすべて揃っていなかったので、L/UNIFORMはまだ完全とは言える段階ではなかった。ヒロシと3人の日本人が私を訪ねてきた。L/UNIFORMのことをごく自然に、時代を超えたブランドを作りたい、すべての世代の日用品であるベーシックで性別にとらわれないバッグだけを考えたいという話、織物への愛着、色彩、ワークショップでの知識などを丁寧に語った。ヒロシは話を聞きながら熱心にバッグを見て、いくつかのバッグを手に取り、L/UNIFORMのキャンバスに興味深げに、しかし多くを語らずに触れ、そして来た時と同じように去って行った。彼が時間を見つけて訪ねて来てくれたことを光栄に思い、また彼は自然に気を配る謙虚な姿勢だった。数週間後、彼のチームから「the pool Aoyama」というプロジェクトでのコラボレーションの依頼を受け、L/UNIFORMの印象は良かった!?L/UNIFORMの最初のコラボレーションであり、L/UNIFORMが吉兆であることを示すものだった。ヒロシと友人フレデリックは、L/UNIFORMの名付け親のようなもの。それ以来、ヒロシとのリレーションは途切れることなく、新しいコラボレーションの話を切り出したのはごく自然なこと。現在、L/UNIFORMは成長し、パリに拠点を持ち、日本では丸の内に旗艦店をオープンした。ヒロシが作ったバッグは、No.54のビッグバッグをベースに、ショルダーバッグとして持ちやすいようにストラップを長くしたり、ダブルレイヤーではなくシングルレイヤーのキャンバスを使うことでバッグを軽くしたり、サイドに新しい持ち手を付けるなど、まさにヒロシとの共作。ヒロシが選んだのは、コットンとリネンで織られたナチュラルカラーのキャンバスで、これはフランスで織られ、カルカッソンヌのファクトリーで研究された、L/UNIFORMの象徴的な生地。フランスと日本のL/UNIFORMのチームは、この新たなコラボレーションをとても誇りに思っている。藤原ヒロシとのコラボレーションによる「L/UNIFORM × fragment design」を、あなたのライフスタイルに加えてみては。

■L/UNIFORM × fragment design

2022年4月15日(金)よりL/UNIFORMショップとL/UNIFORM.JPにて発売中

お問い合わせ:L/UNIFORM TOKYO(リュニフォーム トウキョウ)

https://luniform.jp/ja