箱根・強羅にニコライ・バーグマンの世界観を通して人と自然が繋がる唯一無二の場所「NICOLAI BERGMANN HAKONE GARDENS」と箱根の素材を取り入れたカフェ「Nicolai Bergmann NOMU hakone」をオープン

デンマーク出身のフラワーアーティストNicolai Bergmann(ニコライ・バーグマン)は、4月15日、自身のフラワーデザインを自然の中に取り入れ、人と自然がニコライ・バーグマンの世界観を通して繋がるような唯一無二の場所「NICOLAI BERGMANN HAKONE GARDENS(ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ)」を、箱根・強羅にグランドオープン。また、ガーデン内に箱根の素材を取り入れた、スカンジナビアスタイルのカフェ「Nicolai Bergmann NOMU hakone(ニコライ バー グマン ノム 箱根)」も同時にオープンする。ニコライ・バーグマンは、日本独自の伝統、文化、風土から得られるインスピレーションを最大限に生かしながら、和と洋を融合した独自のデザインで20年以上日本を拠点に活動している。花を通して作り出されるデザインやさまざまなマテリアルを使ったオブジェなど、常に新しいアートを届けられるよう挑戦し続けている。彼は常に、日本で得るインスピレーションをより具現化し永続的に残したいと思い、それを可能とする広大な場所を長年探しており、そしてついに、ある休日箱根を訪れ、この箱根・強羅の土地に出会った。手つかずの自然がそのまま残る、自然と一体になれる絶好の場所だと直感した。コンセプトは”モバイルガーデン”。それは、ニコライ・バーグマンが提案する、訪れる度に変化を魅せる大自然の中のガーデン。全てが桜色になる春、紫陽花の美しいグラデーションに包まれる初夏、秋にはススキの銀色が幻想的に現れ、その後に訪れる寒さの中で懸命に輝く冬の自然、ニコライの感性と箱根の自然が共鳴し、四季折々に彩られるガーデンの美しさを五感で体感することができる。あらゆる場所に花々が咲き誇る園内には、ニコライが制作したフラワーアートやオブジェが点在。自分の作品を箱根の土地に残すという目的とともに、モバイルガーデンが輝く標(しるし)として、園内を彩っている。また、同日にオープンの「ニコライ バー グマン ノム 箱根」は、自然光がたっぷりと降り注ぐ、心地よい空間の中で、箱根近郊の食材を取り入れた、サラダやスイーツ、オリジナルドリンクなど様々なメニューを楽しむことができる。インテリアにはデンマークの家具「FRITZ HANSEN」や「LOUIS POULSEN」の照明などを取り入れ、大自然になじむ洗練された空間を演出している。「ニコライ バーグマン ノム 箱根」では、キャッシュレス決済のみを導入しており、チケットも事前のウェブ予約を推奨。4月1日より「ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ」のホームページ内にてチケットサイトが公開されており、4月分のチケットが予約可能となっている。今後は毎月15日に翌月分のチケット予約が開始される。東京からアクセスのよい箱根・強羅にオープンする「ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ」で、美しい花々と自然の中で過ごす時間を楽しんでみては。

ニコライ・バーグマン

 

■「ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ」「ニコライ バー グマン ノム 箱根」

2022年4月15日(金)オープン

「ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ」住所:神奈川県足柄下郡箱根町強羅1323-119) / 開園時間:通常期 開園10:00~閉園17:00 冬季(12月〜2月) 10:00~16:30予定 / 入園料:大人 事前Web予約 ¥1,500 現地購入 \1,800 学生 事前Web予約 ¥1,100 現地購入 ¥1,400(共にクレジットカード・電子マネー決済のみ) ※小学生以下無料 ※園内では全てキャッシュレス決済 ※全て税込み / 事前予約:4月1日よりHakonegardens.jpにて受付中 ※ホームページ内でチケット購入可 / 駐車料金:園内22台 普通車 ¥500(税込) ※チケット購入時に駐車場付きのチケットをお選びください。

「ニコライ バー グマン ノム 箱根」営業時間:10:00~17:00 ※冬季16:30まで

お問い合わせ:Nicolai Bergmann 株式会社 / info@nicolaibergmann.com

https://hakonegardens.jp/