野外での快楽主義的アイディアにあふれる「Eye/LOEWE/Nature」の2022年春夏コレクションを発売 フランス人俳優”ステファン・バック”をモデルに起用 #ELNSS22

LOEWE(ロエベ)のライフスタイルラインEye/LOEWE/Nature(アイ ロエベ ネイチャー)より、野外での快楽主義的アイディアにあふれる2022年春夏コレクションを発売。ロエベの2022年春夏メンズランウェイコレクションの流れをくんだ同コレクションの鮮やかな蛍光色や遊び心ある形状は、エネルギーの解放を鮮烈に感じさせる。クラブから大自然まで流れゆくその解放感は、これまでも、そしてこれからも、”Eye/LOEWE/Nature”の精神と本質であり続けるもの。このコレクションに込められた自然界との深い繋がりは、現在2年目となる「A CASA for birds」支援の取り組みにも明確に表れている。絶滅の危機に瀕している野生生物の保護を目的とするこのプロジェクトでは、Eye/LOEWE/Natureのアイテムが1点購入されるたびに15ユーロが寄付される。フランス人俳優ステファン・バックをモデルに起用した今回のコレクションは、自然の中で過ごすためにデザインされた実用的なアイテムが勢揃い。環境に対する責任も忘れることなく、パラシュートや軍用品、テント、そして過去シーズンのロエベTシャツ等をアップサイクルしたアイテムをはじめ、デッドストックのデニム生地やリサイクル生地を利用したアウトドアジャケットもラインナップ。ディテールでもサステナビリティを意識しており、バイオベースのボタンやヒモ、リサイクルされたポリエステルやレザーのラベル等が採用されており、レザーは環境に優しいなめし方法で作られている。今シーズン、クリエイティブ ディレクターのジョナサン・アンダーソンはラインのシンプルさと機能性を保ちながら、ゆったり感も生み出し、アウトドア派の必需品を網羅した今回のコレクション。パーカー、パラシュートのブルゾンやトラウザー、フリースのアノラックやウインドブレーカー、マルチポケットのスラックスやバミューダパンツ、Tシャツ、そしてクルーネックジャンパー等、各アイテムは様々な色や素材を用いた異なる生地やパッチワークで作られている。また、ジャンパーに施されたジャカードの二つの正方形、ウインドブレーカーに施されたコントラストパネルやポケット、カーゴトラウザーやバッグに施されたコントラストテープ、そしてデニムのショートパンツに施されたレーザープリントのロゴ等、各アイテムに取り入れられている表情豊かな形状が、手作り感を演出。シャツやソックスの全体に施された柄も楽しさを感じさせる。活気ある遊び心満載の今回のコレクションのコンセプトは、着る人それぞれが自分だけのコーデを生み出せるようにすること。そのコンセプトは、ハイテク生地や低環境負荷レザーを使ったバッグや、ロールトップバックパック、キャンバストート、フリースとレザーのバムバッグ、そしてキルトのサンダルやロゴキャップ等にも息づいている。Eye/LOEWE/Natureの2022年春夏コレクションで、あなただけのコーディネートを楽しんでみては。

■Eye/LOEWE/Nature 2022年春夏コレクション

お問い合わせ:ロエベ ジャパン クライアントサービス / TEL 03-6215-6116

https://www.loewe.com/