歌舞伎俳優の八代目”市川染五郎”とK-popの人気ガールズグループIVEの”アン・ユジン”がVERSACEの2022年春夏キャンペーンの顔に

VERSACE(ヴェルサーチェ)は、歌舞伎俳優の八代目市川染五郎とK-popの人気ガールズグループIVE(アイヴ)のアン・ユジンを、2022年春夏キャンペーンの主役に迎えた。市川染五郎を迎えた本キャンペーンは、ブランドを象徴するアティチュードを今シーズンのコンテンポラリーなスタイルに乗せて発信する。ヴェルサーチェのスカーフのアイデアをもとに、プリントシルク、ブランドコードを組み合わせたニット、ヴェルサーチェを象徴するモチーフをふんだんにあしらったヴァーシティジャケットなど、ゆったりとしたルーズフィットのアイテムをフィーチャー。トライグレカスニーカーは、このシーズンの躍動感を象徴する新色のネオントーンが登場する。「メドゥーサ ビギー」 コレクションは、ヴェルサーチェのカルチャーを、「メドゥーサ ビギー」のメダリオンを配した構築的なスタイルで表現している。スクエア型のバッグは、調節可能なストラップで斜め掛けもできて用途多彩さを見せ、モダンとクラシックの間を行き来する、ヴェルサーチェらしい自信に満ちたデザインとなっている。アン・ユジンを迎えた本キャンペーンに登場するのは、一瞬で象徴的な印象を与える新作プリントで、ヴェルサーチェのスカーフを中心に、ドレス、バッグ、アクセサリーにわたって展開され、動きと流動性のセンセーションを再解釈している。2022年春夏コレクションの表現豊かなエモーションが、力強いキャンペーンのシルエットの中でブランドコードを纏うユジンを通して生き生きと映し出されている。シルクスカーフはドレスにそのエッセンスが取り入れられ、「ラ メドゥーサ」のトートバッグやミニバッグと組み合わせることで、力強さのあるエレガンスを演出。シルクをふんだんに使用したドレス、「ラ メドゥーサ」バッグ、ブランドのシグネチャーであるセーフティーピンで留めたスラッシュスカートを合わせてスタイリングしたユジンが、新しいコレクションの女性らしい力強さを体現している。市川染五郎とアン・ユジンによるVERSACEの2022年春夏キャンペーンを、お見逃しなく!

ディレクター&ビデオグラファー:吉田 元 / フォトグラファー:間仲 宇 / スタイリスト:アルセオ レナード / ヘアメイク:野坂朱子 / タレント:八代目 市川染五郎

Director & Videographer:Gen Yoshida / Photographer:Hye In, Lee / Stylist:Ga Young, Seo / Hair:Seo Ha, Yoon / Makeup:Kyoung Mee, Shin / Talent:Yujin, An

 

 

■VERSACE 2022年春夏キャンペーン

versace.jp