shu uemuraの日本ブランドアンバサダーに歌舞伎役者の八代目 市川染五郎さんが就任 伝統の継承と革新への挑戦、クレンジングオイルと共鳴するストーリー

shu uemura(シュウ ウエムラ)は、ブランドを代表する人気アイテムのクレンジング オイルをはじめとする、日本ブランドアンバサダーに歌舞伎役者の八代目 市川染五郎さんを起用。日本にルーツを持つシュウ ウエムラは、「mindfully crafted in japan(日本の真に価値あるものへ、心をこめて)」をテーマに、日本の伝統的な美徳(もったいない精神)を理念とし、日本の自然・資源・伝統といった、この世界で本当に価値のあるものに常に目を向け、大切にしている。また、シュウ ウエムラの高い技術と製品力、独自の色彩表現から成る最先端のメイクアップアーティストリーの考え方と、市川染五郎さんの歌舞伎への強い情熱と自己表現力。さらには、400年以上続く歌舞伎の伝統を未来に継承し、現代の人も楽しめるようなモダニティを探求する革新への挑戦がリンクし、今回のコラボレーションが実現した。市川染五郎さんは、「シュウ ウエムラのクレンジング オイルは普段から愛用させていただいているので、日本アンバサダーに就任することをとても光栄に思っております。歌舞伎をはじめ、様々な日本の伝統を未来へ継承していくため、自分たち若い世代に何ができるのか。自身の考え方や挑戦が、シュウ ウエムラのストーリーにリンクすることに縁を感じています。」と話している。アジアNo.1売上を誇るシュウ ウエムラのクレンジング オイルは、ブランドを代表するサステナブルなアイテム。原材料の調達、フォーミュラ、パッケージ、製造、そして使い方に至るまで、すべての段階で日本ならではの細やかな気遣いを活かし、優れた洗浄力、やさしい洗い心地、至福のテクスチャーといった本来のクオリティを守りながら作られている。また、シュウ ウエムラのクレンジング オイルはダブル洗顔の必要がなく、一度の洗顔で完了する。歌舞伎界を担う存在でありながら、学業との両立に日々多くのプレッシャーを抱えている市川染五郎さんにとって、歌舞伎の化粧を落とすクレンジングは肌を備えるスペシャルルーティーンであり、ON/OFFを切り替えるスイッチとなる、大事なヒーリングタイム。敏感になった肌にも優しい、包み込むようなリッチなテクスチャーのボタニッククレンジング オイルは、染五郎さんのようなプレッシャーを抱える方・肌へおすすめ。昨年より、シュウ ウエムラ一部店舗にて行われていた使い終わったクレンジング オイルのボトルを回収し、リサイクルする取り組みを、3月1日より全店舗(丸井今井札幌本店を除く)に展開を拡大。回収したクレンジング オイルボトル容器はリサイクル加工し、再資源化。この活動に賛同し、シュウ ウエムラ クレンジング オイルの使用済みボトルを持参した方(会員限定)には、ボトルのサイズに応じてリサイクル ポイントをプレゼント。また3月11日より、「スプリング クレンジング オイル キャンペーン2022」を開催している。あなたもshu uemuraの日本アンバサダーに就任した市川染五郎さんとともに、サステナブルな取り組みを。

■shu uemura

お問い合わせ:シュウ ウエムラ(新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワービル) / TEL 0120-694-666

www.shuuemura.jp