日常から生まれ育まれた文化を未来へと繋いでいくプロジェクト「Calling BEAMS CRAFTS IN THE MAKING」展をGYRE GALLERYにて開催 日本の伝統技術をファッションを通し新たな価値に変える

日本の伝統技術の持つポテンシャルをファッションというフィルターを通し新たな価値に変え、エイジレスなプロダクトを提案する、日常から生まれ育まれた文化を未来へと繋いでいくプロジェクト「Calling BEAMS CRAFTS IN THE MAKING」展を、3月9日から4月27日までの期間、GYRE GALLERY(ジャイル・ギャラリー)にて開催。後世に残すべきものづくりをしている多くの文化を守るため、「Calling BEAMS CRAFTS IN THE MAKING」が、重要無形文化財久留米絣を取り入れたエイジレスで普遍的なリラクシングウェアCATHRI(カスリ)、兵庫エリアにある多様なタンナーによって生み出されたレザーを様々なアイテムに落とし込んだHYOGO LEATHER(ひょうごレザー)、佐賀県肥前を代表する5つの陶磁器を宝石に見立てたジュエリーコレクションHIZEN jewelry(ヒゼン ジュエリー)の3ブランドにて始動。2020年にローンチしたCATHRIは、様々な手法で表現されたアートのような絣を、ファッションの視点でデザインに落とし込み、唯一無二のプロダクトに昇華させていく。それぞれの工房やタンナーが得意な分野を活かし生まれた個性溢れる多様な革は、原皮から生産した皮を100%使い兵庫県内で鞣(なめ)され、排水などの廃棄物処理を適正に管理する工場で作られた革だけがHYOGO LEATHERに認定される。「宝石を纏うように”やきもの”を纏う」をコンセプトに、肥前地区を代表する5つの窯元の陶磁器をベースにしたジュエリーコレクションがHIZEN jewelry。産地ごとに特性が異なる個性を持つ陶磁器をジュエリーという新たなカテゴリーで表現する。本展覧会にあたりディレクターの佐藤幸子は、「世界を席巻するコロナ禍の中で、消費のマインドや物を作ることの意味や価値、それ以前から続く地球環境の問題など、近年の私たちを取り巻く状況は激変した。一方、日本の工芸は世代や時代の価値観の変化に対して、自らが柔軟に変化しアップデートすることで長い歳月受け継がれてきた。プロジェクト「Calling BEAMS CRAFTS IN THE MAKING」は、その伝統技術の持つポテンシャルをファッションというフィルターを通し更に高め拡げることで、新たな価値を持つエイジレスなプロダクトを提案、日常から生まれ育まれた文化を未来へと繋いでいく活動。」と話している。「Calling BEAMS CRAFTS IN THE MAKING」展で、日本の伝統技術の持つポテンシャルをあなたの肌で感じてみては。

CATHRI

HYOGO LEATHER

HIZEN jewelry

 

■GYRE GALLERY「Calling BEAMS CRAFTS IN THE MAKING」展

2022年3月9日(水)~4月27日(水)開催 / GYRE GALLERY GYRE 3F(東京都渋谷区神宮前5丁目10−1) / 11:00~20:00

お問い合わせ:BEAMSカスタマーサービスデスク / TEL 0120-011-301(受付時間11:00〜19:00 ※土日祝を除く)

https://gyre-omotesando.com/art/