alexanderwangが気鋭フォトグラファー”ヘジ・シン”撮影による2022年春夏コレクションを発表 同素材アイテムを重ねるスタイリングを提案

alexanderwang(アレキサンダーワン)は、2022年春夏コレクションを発表。撮影は2022年リゾートに引き続き、韓国生まれのドイツ人の気鋭フォトグラファーHeji Shin(ヘジ・シン)が担当した。アレキサンダーワンは、大胆なエッジを持ち常に挑戦し続ける現代の「アルファウーマン」の女性像を探究してきた。ここ数シーズンは、クラシックアメリカーナの繊細なニュアンスをアジア人を主役にした文脈に置き換えて提案している。ラグジュアリーと俗世の平凡な現実、ハイ&ロー、アジアとアメリカーナ、これらの相反する要素のすべてが無理なく合成された世界をワンは「ワン・トピア(アレキサンダーワンの考えるユートピア)」と呼ぶ。3回に分けてドロップされるSSコレクションの、ファーストドロップは、デニムオンデニム、シルクオンシルク、ナイロンオンナイロンといった同素材アイテムを重ねるスタイリングを提案。日本のストリートスタイルにインスパイアされたスタイリングは、これらの素材を新たな文脈で解釈し、新しい着こなしを提案している。クリスタルのピンストライプが施された普段使いのベーシックなデニムが日常をアップグレードし、センシュアルなレースでトリミングされたシルクは、鮮やかな色彩のセットアップでフォーマルなパーティの装いとして提案する。90年代風のクラシックなナイロンのトラックスーツは、ボリュームのあるペプラムで絞ったウェストラインと、コントラストの強いパイピングが、ストラクチャーとシルエットを強調している。SSコレクションのファイナルドロップでは、ヴィンテージボヘミアンから引用したシルクのフリンジのコレクションが登場。季節感のある鮮やかなカラーパレットのフリンジを水平に波打つようにレイヤーして作られた生地を使用したジャケット、トラウザー、ドレス、スカートはコレクションに新しいシルエットやストラクチャーを加えている。本コレクションは、2月18日より、alexanderwang.com/jpと国内の店舗にて順次展開中。アレキサンダーワン 2022年春夏コレクションのような、同素材のスタイリングを楽しんでみては。

Stylist:Alex Wang / Model:Jay Pak / Photography:Heji Shin / Set Design:Lauren Nikrooz / Nails:Mei Kawajiri / Hair:Evanie Frausto / MU:Yumi Lee

■alexanderwang 2022年春夏コレクション

2022年2月18日(金)よりalexanderwang.com/jpと国内の店舗にて順次展開中

www.alexanderwang.com