GIVENCHYがヘジ・シン撮影による2022年春夏グローバル広告キャンペーンを公開 マシュー・M・ウィリアムズのディレクションによるイメージアートが”ジョシュ・スミス”とのコラボレーションを強調 #givenchyss22

GIVENCHY(ジバンシィ)は、クリエイティブ・ディレクターのマシュー・M・ウィリアムズがプロデュースし、韓国⽣まれのドイツ⼈写真家Heji Shin(ヘジ・シン)が撮影を担当して制作した2022年春夏グローバル広告キャンペーンを公開。ヘジ・シンがジバンシィの広告キャンペーンに参加するのは今回で2回⽬となる。⼈⽬を引く⾊彩と⽩⿊で構成される⼀連の画像の中で、2022年春夏レディ・トゥ・ウェアコレクションのエネルギーと、独特のカラフルなフリースタイル絵画でキャンペーンのビジュアルに破壊的な感覚をもたらすアメリカ⼈アーティストJosh Smith(ジョシュ・スミス)とジバンシィとのエキサイティングなコラボレーションを、今回のキャンペーンは捉えている。本キャンペーンにはケンダル・ジェンナーが再出演。他の有名モデルと共に、キールックを⾝に纏い、ジバンシィの今シーズンのステートメントハンドバッグ「Kenny」を⼿にして登場する。しなやかな素材と複雑な構造が特徴の⼱着型バッグ「Kenny」は、まさに、昼夜を問わず活躍する逸品。⼿作業で寄せたドレープと装飾がジバンシィのオートクチュールのサヴォアフェールを想起させる⼀⽅で、特徴的な「Gキューブ」のエレメントを配することで、マシュー・M・ウィリアムズのジバンシィに対するビジョンが反映された、現代的なバッグとなっている。ジバンシィの2022年春夏ウィメンズ及びメンズ、レディ・トゥ・ウェアコレクションは、クラシックであること、斬新であること、実⽤的であることの間に存在する溝を埋め、贅沢さと⾃制⼼、そして、伝統を重んじることと現代的であることの間に⽣じる緊張感を追求。極めてシャープなシルエットのスーツ、彫刻的なペプラム、⾚茶⾊のフィット&フレアスタイルのニット・ミニワンピース、フリンジを施したパーティー⽤トップスといったアイテムは、それぞれが独特の魅⼒を発揮する⼀⽅で、⾃由な筆さばきによる装飾と⼤胆な⾊使いという特徴を共有している。メンズスタイルは、⼒強いショルダーラインのテーラリング、フーディー、芸術的なディストレストジーンズが、ライムグリーンのダッフルバッグ「G Zip」、ブリーチ加⼯が施されたボトル型のセラミック・ショルダー・アクセサリー、フットウェア「Monumental Mallow」等、サバーシブなニュアンスを持つアクセサリーと組み合わせることで、より魅⼒的なものとなる。コレクションの多くのピースは、プリント、パターン、そしてジョシュ・スミスの特徴的なアートワークによるエネルギーに満ちている。パリとロサンゼルスで撮影されたミクストメディア・ビデオキャンペーンは、この芸術的なコラボレーションを⼀層反映するものとなっており、2022年春夏コレクションのキールックとアクセサリーを⾝に纏ったモデルが庭園を散歩したり、バラの花を摘んだり、カメラにクローズアップされたりする様⼦が刺激的で動きの速いモンタージュ画像となって映し出されている。本コレクションは、2⽉18⽇より、店舗と公式オンラインストアにて発売中。ジバンシィ 2022年春夏グローバル広告キャンペーンで、ジョシュ・スミスとのコラボレーションに注目してみて。

Creative Direction:Matthew M. Williams / Art Direction:Sara-Jayne Todd @ Artistry / Photographer:Heji Shin @ Concrete / Videographer:Errol Rainey @ Image Partnership / Styling:Panos Yiapanis @ Intrepid London / Models:Kendall Jenner @ Elite, Iselin Steiro @ Women, Steinberg @ Ford, He Cong @ IMG, Babacar N’doye @ Elite, Ilias Loopman @ Rebel / Music:Surkin / Artist:© Josh Smith Courtesy of the artist and David Zwirner

 

■GIVENCHY REVEALS SPRING-SUMMER 2022 GLOBAL ADVERTISING CAMPAIGN

givenchy.com