H&M Studioが明るい新時代を祝福する、サステナブルな「2022年春夏コレクション」を発売 キャンペーンビジュアルにLAの音楽シーンにバックグラウンドを持つ”デヴォン・ロス”を起用

H&M(エイチ・アンド・エム)レディースウェアから、最もハイエンドなコレクションである「H&M Studio(ストゥディオ) 2022年春夏コレクション」を、2月24日より、新宿店および、H&M公式オンラインストアにて限定発売。全36種類が揃うすべてのアイテムには、よりサステナブルな素材を使用。ムードを高めるエネルギッシュなファッションの回帰を「Press Play(再生)」することと表現し、音楽を愛するZ世代の女性をミューズとしている。本コレクションは、ニューノーマルな生活を送る一方、FOMO(フォーモ:SNSやインターネット上で取り残されることへの恐れ)に満ちた現代における息抜きとなるよう、爽やかでビビッドな色使いやドラマチックなプリントを特徴的に取り入れている。デザインには1980~90年代の奇抜なファッションを彷彿とさせるディテールが、存在感のあるアクセサリーと融合し、ミックス&マッチを自由に楽しめるドレスアップボックスとなっている。キーピースには、”見たり、見られたり”という要素が一貫して盛り込まれており、街中で素敵なファッションを身に纏う人が目に留まった時に、周囲から見れば自分もその一員であるように見られているシーンを表している。レースアップデニムやオーバーサイズジャケットなど、アバンギャルドなデザインから、ライムグリーンが艶やかなサテンシャツやサテンパンツ、ビーチからダンスフロアまで着回せるレオパード柄のスイムウェアまで、目を引くルックが揃っている。スタッズが施されたデニムスカートや、華やかなラッフルが特徴的なメッシュトップス、ラインストーンをあしらったワンピース、足首からウエストにかけてスナップボタンを配したワイドパンツなど、1990時代後半へ回帰する派手なデザインが特徴。また、オーガニックコットン製のオーバーサイズTシャツには、ベルリン在住のイラストレーターStefan Fähler(ステファン・ファーラー)による唇のイラストがポップに描かれている。スクリーングリーンのロングイヤリングやチャンキーネックレスは、どんなコーディネートもアップデートしてくれるようなアイテム。レースで縁取られたボディスーツは、ドレスアップにもダウンにも対応できるフレキシブルなスタイリングを提供する。本コレクションのキャンペーンは、Reto Schmid(レト・シュミッド)がディレクションと撮影を行い、Georgia Pendlebury(ジョージア・ペンデルベリー)がスタイリングを担当。また、モデルにはLAの音楽シーンにバックグラウンドを持つ22歳のDevon Ross(デヴォン・ロス)を起用し、ロンドンで撮影されたキャンペーンに若々しいダイナミズムとオフビートなエッジをもたらしている。「H&M Studio 2022年春夏コレクション」を着て、エネルギッシュなムードを盛り上げよう!

■H&M Studio 2022年春夏コレクション

2022年2月24日(木)新宿店およびH&M公式オンラインストアにて発売

https://www2.hm.com/