クロエが職人の手仕事とサステナブルな素材を融合させる「Chloé Craft」をローンチ クラフトが体験できるワークショップ「Chloé Classes」を銀座店にて開催

Chloé(クロエ)は、環境負荷の少ない素材の使用とインディペンデントな職人の手仕事を融合する新たな試みとして「Chloé Craft」を導入した。環境への影響を最小限に抑えるため、環境に配慮した素材を積極的に採用し、数値化して測定することで、その推進に努めている。その結果、2022年春夏コレクションでは、コレクション全体で使用する低環境負荷素材の使用を、58%まで引き上げることに成功(2021年秋冬コレクションは40%、2022年スプリングコレクションは55%)。「Chloé Craft」は、環境に負荷の少ない素材と職人のテクニックを結びつけることで、産業化されすぎたラグジュアリーファッションの世界において、新たなレベルのトレーサビリティ(追跡可能性)と透明性を開拓し、顧客とローカルの生産者とのより深いつながりを構築していく。「Chloé Craft」は、機械では実現することのできない、人の手によってのみ成し得るテクニックを紹介。マクラメ、クロシェ、ハンドペインティングといった美しいテクニックが、コレクションに彩りとぬくもりをもたらしてくれる。長い時間丁寧に作業されたハンドクロシェによるルックが登場。マルチカラーのドレスは、リサイクルカシミヤを用い、クロエのキーディテールの一つであるスカラップのシェイプをクロシェ編みで表現している。風に揺れるフリンジが目を惹くマルチカラーのドレスは、ダガスカルを拠点とする世界フェアトレード連盟認定メンバーであるAkanjoとのパートナーシップにより製作され、デッドストックのシルクリボンを用いたマクラメは、完全な手作業で作られている。また、2022年春夏コレクションにおける「Chloé Craft」のローンチに際し、クラフトのテクニックを実際に体験することのできるビギナー向けのワークショップ「Chloé Classes」を、クロエ 銀座店にて開催(応募期間:2月21日~3月4日)。「Chloé Classes」は、パリをはじめワールドワイドで開催され、好評を得ている。このワークショップでは、今季のコレクションに用いられたクロシェ、マクラメ、スティッチングの3つのテクニックを取り上げ、ハンドクラフトの精緻さと楽しさを発見することができる。すべてのクラスで、クロエによるクラフトキットが用意されており、オーガニックもしくはリサイクルコットンを用い、ハンドクロシェのポーチやマクラメ編みのウォールハンギングを制作、また、クロエの過去のコレクションで使用されたファブリックを使い、様々なスティッチングテクニックを学ぶことができる。「Chloé Craft」でクロエの職人技を、「Chloé Classes」でハンドクラフトの楽しさを体験してみてはいかが。

■「Chloé Classes」

応募期間・方法:2022年2月21日(月)~3月4日(金) ※それぞれのクラスへの参加は、クロエ LINE アカウントにて友だち登録後、応募することができる。応募多数の場合、抽選にて決定。

A. クロシェ クラス:3月12日(土) (1)11:00~13:30 (2)15:00~17:30 / 3月13日(日) (3)11:00~13:30 (4)15:00~17:30

B. マクラメ クラス:3月19日(土) (1)11:00~13:30 (2)15:00~17:30 / 3月20日(日) (3)11:00~13:30 (4)15:00~17:30

C. スティッチング クラス:3月21日(月・祝) (1)11:00~13:30 (2)15:00~17:30

https://www.chloe.com/jp