Kim Jonesが「FENDI COUTURE SPRING/SUMMER 2022」で空想と現実をこの世のものとも思えない現在へと着地させる 会場に”マデライン・ペッチ”や”カミーユ・ラザ”ら多くのセレブリティが来場

遥か昔の古代から想像上の未来まで、Rome(ローマ)のさまざまな時代を横断し、Kim Jones(キム・ジョーンズ)は、「FENDI COUTURE SPRING/SUMMER 2022(フェンディ 2022年 春夏 クチュールコレクション)」において、空想と現実をこの世のものとも思えない現在へと着地させる。ここでは、ローマという都市の歴史的コード、その優美な大理石模様と教会の美的感覚が、未来的なフレームワークの中で探求されている。天空から舞い降りてくる女性たち。その天与の純粋さには、神々しい力が吹き込まれている。彼女たちのサイファイ的なシルエットには、ラグジュアリーなクラフツマンシップが用いられており、儀礼的な禁欲主義に星形のファンタジーが重ねられている。滑らかな生地はきらめく身体にドレープを描き、バゲットビーズが光を浴びて輝き、手刺しゅうを施したタイツはまるで皮膚のようにフィットしている。これらは、超越的なエネルギーに満ちたこの世ならざる姿。現代のクラフツマンシップと伝統的技法を駆使したコレクションは、ローマの情趣を反映し、過去と現在の間に調和を見出している。伝統的なビーズ細工とマザーオブパールで装飾されたモチーフを撮影し、そのイメージを歪曲した上で、ぼんやりとした影と共にラグジュアリーなダッチェスシルクとオーガンザにプリントしたドレスが輝きを放つ。フェンディが本社を構える「イタリア文明宮」の、アイコニックなアーチの中に存在する古典主義の彫像は、刈り毛のミンクとベルベットに、ドラマティックなキアロスクーロが施されている。 極小のスパンコール、ミンクやパールで刺しゅうを施したレザーは、ローマのコリント式レリーフを模したもの。クチュールの真髄たる構造を露わにすべくあえてアンダーピニングをむき出しにしており、バッグにはめ込まれた火山石やヘマタイト、ジュエリーに付けられた天然のクリスタルジオードやアメジストが、古代文明の考古学的遺物が発掘されたこの都市を彷彿とさせる。古代戦士の鎧のようなペルシャラムとレザーで作られたジャケットや、皇帝陛下の威厳を表すような床をなぞるほど長い裾まで、視覚的表現の力強さがみなぎっている。「永遠の都ローマ、崇高なローマ、天国のごときローマ」-キム・ジョーンズ。また会場には、大人気テレビドラマ「リバーデイル」に出演し注目を集める若手女優のマデライン・ペッチや、Netflixシリーズ「エミリー、パリへ行」に出演中のカミーユ・ラザをはじめ、ノオミ・ラパス、ノオミ・ラパスら多くの豪華なセレブリティが出席し、クチュールコレクションの開催を祝福した。「フェンディ 2022年 春夏 クチュールコレクション」で、キム・ジョーンズが表現するローマの歴史を感じてみては。

©Robert Fairer

©Robert Fairer

マデライン・ペッチ、カミーユ・ラザ

ノオミ・ラパス

ミリアム・レオーネ

 

■FENDI COUTURE SPRING/SUMMER 2022

お問い合わせ:フェンディ ジャパン / TEL 03-3514-6187

www.fendi.com