グッチの歴史を物語る”バンブーバッグ”に独自のコンテンポラリーな解釈を加えた『GUCCI BAMBOO 1947』が登場 国際的なクリエイター9人とのコラボレーションによるデジタルプロジェクトを展開

GUCCI(グッチ)は、クリエイティブ・ディレクターのアレッサンドロ・ミケーレがグッチの歴史を物語る「バンブーバッグ」に独自のコンテンポラリーな解釈を加えた『GUCCI BAMBOO 1947(グッチ バンブー 1947)』として、一部のグッチショップおよび公式オンラインショップにて発売。グッチを象徴するGucci Belovedラインに加わるこの新たなハンドバッグは、過去、現在、未来の懸け橋となってグッチの伝統を再生するとともに、グッチにおけるアレッサンドロ・ミケーレ自身のクリエイティビティを象徴するもの。1947年、グッチ製品にふさわしい上質な原材料の入手が困難だった戦後期のイタリアにおいて、創設者グッチオ・グッチはフィレンツェの職人たちの革新的なアイデアを取り入れて、バッグのハンドルに軽量かつ丈夫なバンブーを使用する決断を下す。この「バンブーバッグ」はたちまち注目を集め、ハリウッドの女優やジェットセッターたちに愛用されるようになり、革新的なアイコンバッグとして国際的な地位を確立した。『グッチ バンブー 1947』は、付け替え可能なレザーとウェブ ストライプの2種類のショルダーストラップが付属し、バンブートップハンドル付きバッグの洗練されたシルエットにコンテンポラリーな魅力を添え、3種類のサイズ(ミディアム、スモール、ミニ)、鮮やかなカラーパレットで登場。新しいラインのローンチを祝し、グッチは国際的なクリエイター9人とのコラボレーションによるデジタルプロジェクトを展開。クリエイターたちには、バンブーハンドルバッグを題材とした作品を通じて、独自のビジョンで『グッチ バンブー 1947』を表現してもらうよう依頼した。そうして完成した写真、イラスト、絵画、ムービーといった作品は、さながら多種多様な視点から、現代によみがえったグッチのアイコニックなバッグをたたえているかのよう。クイールレザー、ホワイトレザー、ブラックパテントレザーなどのベーシックカラーや、スモールサイズとミニサイズではブライトオレンジ、ピンク、アズール、ブライトグリーンなどビビッドなカラーのモデルが用意されており、さらにプレシャスな魅力を高めるクロコダイルとパイソンのモデルも登場。全サイズおよび全カラーに、従来のレザーストラップとともにウェブ ストライプのショルダーストラップが付属し、機能性を高めると同時に、ベーシック、プレシャス、プレイフル、そして伝統を打ち破るような印象をもたらしている。いずれのストラップも取り外しと長さ調節が可能で、さまざまなシーンに活躍する用途の広いバッグとして使用することができる。『グッチ バンブー 1947』は、オリジナルと同様の極めて高度なクラフツマンシップで製造されている。トップハンドルとクロージャーは、グッチのデザインの仕様に従って厳選したバンブーを、職人の手作業によりていねいに研磨、成型し、仕上げている。色々なシーンに活躍する『グッチ バンブー 1947』を合わせたファッションスタイルを楽しんでみて。

CHO GI-SEOK

LOU ESCOBAR

MADDALENA ARCELLONI

KATJA MAYER

SUZANNE SAROFF

NICO ITO

SAMSON BAKARE

EVERETT GLENN

THEO LIU XIANGYU ⒸCourtesy of Gucci

 

■GUCCI BAMBOO 1947

一部のグッチショップおよび公式オンラインショップにて発売

お問い合わせ:グッチ ジャパン クライアントサービス / 0120-99-2177

www.gucci.com