SERAPIAN(セラピアン) 2022年春夏コレクション「夢のような夏へ」 終わりのない休暇のような繊細な詩と出会う輝かしい物語

ミラノの中心に位置するこのヴィラ・モーツァルトで開催されたSERAPIAN(セラピアン) 2022年春夏コレクション「夢のような夏へ」。ヴィラ・モーツァルトの壮大な空間は、イタリアのリヴィエラにある邸宅の、まるで真夏の白昼夢のような柔らかく繊細な雰囲気を連想させる。これは卓越したクラフツマンシップが、終わりのない休暇のような繊細な詩と出会う、輝かしい物語。「1928」は、アイコニックなモザイコを、大胆でモダンに再解釈し融合させた新しいクリエイション。オリジナルのデザインを尊重しつつ、ナッパストライプのプリーツに大きく立体的なバリエーションを持たせることで、より強く革新的な印象を与え、ブラック、ホワイト、ブラッシュ、ミモザ、サハラ、ブルー・パラッジのカラーバリエーションで登場。セラピアンの創業年にちなんで名付けられたこの新しいハンドバッグは2つのサイズが用意されており、どちらもメタルパーツとレザー、またはマラカイト、ロードクロサイト、アメジストなどの宝石を使った貴重なブローチからインスピレーションを得たモザイコ型のクロージャーが施されている。洗練された、芸術的で詩的なミラノのライフスタイルを体現した「1928」は、クロージャーの金属部分にイニシャルを刻印するなど、個性的なデザインに仕上げることができる。モザイコには、エネルギッシュなブライトトーンと絡み合うネロ デスタート、爽やかなビアンコ リヴェラ、ジューシーなジャッロ ポトフィーノ、透明感のある海のようなブルー パラッジなどのカラーバリエーションが新たに加わった。シークレットバッグやローレライ・トートは、キャンバスやラフィアが夏らしさを表現している。カラーは、ブルー・パラッジの差し色が効いたドーブ・グレーや、温かみのあるナチュラル・レザー、そして永遠のコンビネーションであるブラック&ホワイトがラインナップに加わっている。セラピアンは、ステファノ・セラピアンによって1928年にミラノで創業した歴史あるラグジュアリーレザーメゾン。イタリアのクラフツマンシップとミラネーゼのエレガンスを代表する素晴らしい技術を生み出した。そして2017年にセラピアンはリシュモングループの一員となった。セラピアンの2022年春夏コレクションの大胆でモダンなバッグたちとともに、今年の春夏ファッションを楽しんでみては。

■SERAPIAN 2022年春夏コレクション

お問い合わせ:セラピアン 阪急うめだ本店 / TEL 06-6313-7536

https://www.serapian.com/jp/