LOEWEはスタジオジブリとの2度目のコラボレーションとなる「千と千尋の神隠し」限定カプセルコレクションを発売 原宿の古⺠家をリノベーションした空間にてポップアップストアも1月16日まで開催

LOEWE(ロエベ)は、スタジオジブリとの2度目のコラボレーションとなる『千と千尋の神隠し』限定カプセルコレクションを、1月7日よりオンラインと全店舗にて数量限定発売。ファッションとアニメーションという異なる分野でありながら、クラフト=手仕事への敬意という共通の価値観によって実現した今回のコラボレーションでは、ロエベの卓越したクラフトマンシップと独創性により、数々の名キャラクターと作品の美しい自然風景がウェアやレザーアイテムに蘇る。「今回ロエベは、スタジオジブリとのコラボレーションによるカプセルコレクションの第2弾を発表することになりました。『千と千尋の神隠し』は、逆境に面した際の忠誠心や友情、そして頑なさへの讃歌であり、ある種の魔法のような力を持った作品です。」と、ジョナサン・アンダーソンは語る。『千と千尋の神隠し』カプセルコレクションは、作品に登場する数多くのキャラクターたちをフィーチャー。主人公の千尋や、なぞの少年ハク、湯屋を支配する魔女の湯婆婆、カオナシはもちろん、アオガエル、オオトリさま、さらに坊ネズミやハエドリ、ススワタリに至るまで。ウェアやブランケット、スカーフ、さらにアマソナやパズル、ハンモック、フラメンコなどのレザーやキャンバスのバッグ、またはトートバッグやレザー小物などに登場する。キャラクターは、ジャカード、プリント、アップリケ、パッチ、レザーマルケトリー、刺繍などで表現され、美しい風景画は総柄のプリントに。ススワタリは、ポンポンや房状のバッグとなった。映画のスピリットを現実の世界にもたらすため、熟練の職人が手触りと立体的なフォルムにこだわり、多彩なキャラクターたちに命を吹き込みんだ。そして、日本の古典的な技法である、繕った布と藍染めの切れ端をパッチワークした「ぼろ織り」にインスパイアされたウェアやバッグも登場。同様の手法でかすりとアナグラムのジャカードでつくられたインターシャが、ウェアとバッグの両方に施されている。また、Tシャツ、フード付きスウェットシャツ、カーディガン、オーバーサイズのジャンパー、キュロット、そしてデニムトラウザーやパフなどは、表面のテクスチャーを最大限に引き出すため、 ゆったりとしたシルエットに仕上げられた。さらに、コレクションの発売を記念し、東京・原宿の古⺠家をリノベーションした空間で『千と千尋の神隠し』の世界を再現したポップアップストアを1月16日まで開催。五感すべてでファンタジックな作品の世界を堪能しながら、コレクションの買い物を楽しめる。完全予約制のポップアップでは、スタジオジブリから提供された展示物や「よきかな茶」のプレゼント、海原電鉄のフォトスポットや宙を舞う人形など、ここでしかできないイマジネーション豊かな体験を堪能できる。また関⻄では、阪急うめだ本店にて1月11日まで限定のポップアップストアも開催している。ロエベLINE公式アカウントでは、コラボレーションを祝う限定壁紙のプレゼントも行なっている。ロエベとスタジオジブリのコラボレーションとなる『千と千尋の神隠し』限定カプセルコレクションをお見逃しなく!

■LOEWE「千と千尋の神隠し」限定カプセルコレクション

2022年1月7日(金)よりオンライン・全店舗にて数量限定発売

ポップアップストア in 原宿
2022年1月7日(金)〜16日(日)開催 / UNKNOWN HARAJUKU アンノン原宿(東京都渋谷区神宮前6-5-10)※完全予約制

https://www.loewe.com