PIERRE HARDYが元アメリカンフットボール選手である”ビクター・クルーズ”とのコラボレーション第二弾を発売 人種差別との戦いに終止符を打ちたいという願いを込め人類の団結の象徴として完成

PIERRE HARDY(ピエール アルディ)は、アメリカで人気の高い元アメリカンフットボール選手であるVictor Cruz(ビクター・クルーズ)とのコラボレーション第二弾を、12月15日より発売中。フランスのデザイナーであり、ラグジュアリースニーカーの先駆者であるピエール・アルディと、ビクター・クルーズの真の友情と共通の思いが動機となり、このコラボレーションは実現した。COVID-19のパンデミックが世界に影響を与え、外出の制限やロックダウンが行われる中、彼らはデザインに関するミーティングをすべてオンラインで行い、このコレクションは、今日の西洋社会でアフリカやラテン系の男性が、彼らのためにデザインされたスニーカーを履いて胸を張って街を歩く、そんなメタファー(隠喩)が含まれている。2020年夏、世界に衝撃を与えたブラック・ライブズ・マター運動など、現在進行形で起こっている文化的な出来事を反映し、デザインを通じて対話を誘発することを意図した本コレクション。ピエール・アルディとビクター・クルーズは、人種差別との戦いに終止符を打ちたいという願いを互いに持ち、このコレクションを人類の団結の象徴として完成させた。コンセプトは、Equality(平等)、Equity(公平)、Inclusion(包摂)という3つのテーマを中心に、「Cruz in America(クルーズ イン アメリカ)」と「Hardy in Paris(アルディ イン パリ)」のストーリーを巧みに織り交ぜている。クルーズの多様なバックグラウンドを反映したこのコレクションは、すべてのデザインに「芸術によって世界に良い変化をもたらす」という彼らの意思が込められている。ピエール・アルディは、「ビクターは紳士的で、妥協しない性格。レースの質、ステッチの長さ、靴紐の質や色合い、縫い目の長さ、色の濃淡など、細部にまでこだわりを持っている。彼には、そのこだわりを自由に表現してほしいと思いました。」と話している。ピエール アルディとビクター・クルーズによるコラボレーション第二弾とともに、人種差別のない世界を願ってみては。

V.C.II BORICUA(ボリクァ) ¥90,200(税込)

V.C.II MAJESTY(マジェスティ) ¥90,200(税込)

V.C.II SURVIVOR(サバイバー) ¥99,000(税込)

 

■PIERRE HARDY×Victor Cruz

2021年12月15日(水)発売

ピエール アルディ 東京:東京都港区南青山5-5-25 南青山郵船ビル A棟103号 / TEL 03-6712-6809 / OPEN 12:00〜20:00

www.pierrehardy.co.jp