JIMMY CHOOの2022年スプリングコレクション「EUPHORIC GLAMOUR」は偉大なる自然への謳歌 自然と春の代名詞である再生を謳歌しこの上ない幸せと喜びを表現

JIMMY CHOO(ジミー チュウ)2022年スプリングコレクション「EUPHORIC GLAMOUR」は、自然と春の代名詞である再生を謳歌し、この上ない幸せと喜びが表現されている。大胆なシルエット、オーガニックなフォルム、鮮やかな色づかい、そして未来への明るく前向きな展望に満ちている。アウトドアで過ごす喜び、そして世界とその息をのむような美しさに触れられる喜び。みずみずしい色づかい、立体的な素材、そして活気に満ちたコレクションは、ポジティブな印象を与え魅力的に装いたい、注目を浴びたい、楽しみたいという自然に湧き上がる衝動を称えている。本コレクションでは、シャープなシルエットと自然な曲線のコントラスト、ハイテク素材と天然素材の大胆な組み合わせなど、オーガニックなものとグラフィックなものとの間の絶え間ない相互作用を追求し、シルエットやディテールには、意表を突くビジョンが垣間見える。ヒールは鋭く、トゥは先端に向かうにつれ細くなり急激に尖ったラインを描くなど、極限を目指している。 FARLEYパンプスは、テクスチャーと仕上げのコントラストを追求しながら、日中の足元をエレガントに演出し、ヒールとトゥキャップのナッパ素材を透明なプレキシと対比させ、艶やかな面の下から肌がのぞくデザインとなっている。自然界に存在するハイブリッドの概念を追求し複数のアクセサリーを革新的な手法でシューズの一部として融合。SATYAサンダルは、まさにコントラストに満ちたハイブリッドそのもの。カラーは花や葉から取り入れ、鮮やかなライムグリーンや現実とは思えないほど鮮烈なピンクバイオレットやフューシャなどが、クラシカルなフォルムのサンダルをモダンにアレンジしたAZIAで採用されている。これらのハイパーカラーは、ラテ、アンバー、キャラメル、キャメルなど、やわらかく繊細なアースカラーの優しいカラー展開とは対極的。鉱物や風景から取り入れられたアースカラーはデイリーなアイテムに。ハイブリッドなムードに合わせて輪郭が強調されたシルエットもデイ仕様に落とし込まれている点は、JIMMY CHOOにとってグラマーが24時間365日大切なものであることの証。JIMMY CHOOのDNAの一部として常に存在しているクリスタルは、様々な形で再発明、再構築され、異なる光の中で新たな表情を見せている。クリスタルは、ただ装飾として輝きを放つ魅力だけではなく、身につける人を救うという特性をもつ強力な癒しのシンボル。フェミニンでグラマラス、精巧なクラフツマンシップ、エネルギッシュで自由。根源的で重要なエッセンスが反映されたJIMMY CHOO 2022年スプリングコレクション「EUPHORIC GLAMOUR」で、春の足元を彩ってみては。

■JIMMY CHOO SPRING 2022 WOMEN’S COLLECTION

https://www.jimmychoo.jp/ja/