1996年創業のAstier de Villatteが”奈良ホテル”から着想を得た新たな香り「NARA」を発売 サンダルウッドが香るパフュームキャンドル&インセンスが登場

©North Sea Air

家具や陶器のデザイナーであるイヴァン・ペリコリとブノワ・アスティエ・ド・ヴィラットが1996年に創業したAstier de Villatte(アスティエ・ド・ヴィラット)は、奈良ホテルから着想を得た新作パフュームキャンドルとインセンス「NARA」を、12月4日より、奈良ホテル、ASTIER de VILLATTE伊勢丹新宿店、国内オンラインサイトにて先行発売中、2022年1月より全国発売。アスティエ・ド・ヴィラットのパフュームキャンドル&インセンスは、「香の世界一周」をテーマにしたユニークなコレクションとなっている。新作「NARA」は、奈良ホテルから着想を得たサンダルウッドの香りのパフュームキャンドル&インセンス。日本の静かで小さい街、奈良にある数多くの美しい神社仏閣、そして放し飼いの鹿で有名な公園。1世紀の歴史を誇り、心ときめく魅力に満ちた奈良ホテルでの休息や、街中で曲がりくねった路地に迷い込むのもまた一興。空気中に漂うのは甘美なサンダルウッドの熱く生き生きとした香り。それをさらに豊かに仕上げるのが、優しく官能的なジャスミンのかすかなタッチ。サンダルウッドアミリス、ジャスミンサンバック、ジンジャールート、カシュメラン、アンバーのエッセンスを配合している。キャンドル「NARA」:植物由来の原材料に少量の蜜蝋を加えた独自のワックスを配合は、パラフィン類や石油化学系物質を一切含まないため煤煙も発生しない。他に類の無いほど柔らかく滑らかなテクスチャーは純度の証。長時間にわたる手作業の末に完成するワックスは、香料との相性も抜群で、燃焼時はもちろん、そのままでも香りを楽しむことができる。ラベルとパッケージには、世界で最後の活版印刷工房のひとつであるS.A.I.G.が、鉛を用いた古い印刷機で印刷を施している。インセンス「NARA」:地球上で最も優れたお香が製造されているのが、適した気象条件に恵まれた淡路島。千年に渡り父から息子へと、「香司」が代々継承する伝統工法を用いて手作りされており、香司だけが4つの製造工程を熟知している。香木やハーブなどの植物、植物樹脂、香料で構成される天然由来限定の原材料を調合し、長時間しっかりと圧をかけながら粘土状に練り上げ、その後、2週間休ませて香りを浸透させる。この粘土を手作業で細長い帯状に伸ばし、必要なサイズに裁断、西風に3日間当てて乾燥させ、最後に棒状にしたお香を束ねている。パフュームキャンドル「NARA HOTEL」:奈良ホテルは1909年に、賓客を迎える関西地方のプレミアゲストハウスとして開業。奈良公園を見下ろす丘に建ち、客室からは素晴らしい展望が広がり、歴史の風格漂うホテルには、建設当初そのままに守られている、時代を超越した神秘的な雰囲気が満ちている。奈良ホテルの画像アーカイブ公開を受け、アスティエ・ド・ヴィラットは、ホテルの昔のラベルをモチーフにした陶製容器のキャンドルを創作した。あなたもアスティエ・ド・ヴィラットの新たな香り「NARA」で癒されてみては。

©Sophie Delaporte

アスティエ・ド・ヴィラット パフュームキャンドル NARA(気泡ガラス製ゴブレット) 260g ¥11,220(税込)

アスティエ・ド・ヴィラット パフュームキャンドル NARA(陶製ゴブレット) 220g ¥29,150(税込)

アスティエ・ド・ヴィラット インセンス NARA ¥6,820(税込)

 

 

■Astier de Villatte「NARA」

2021年12月4日(土)より、奈良ホテル、ASTIER de VILLATTE伊勢丹新宿店、国内オンラインサイトにて先行発売中 / 2022年1月より全国発売

https://adv-j.com