LOEWEが2022春夏プレコレクションより「コート キャンペーン」を発表 境界を超えて。もっと自由に。をテーマに中村アン、夏木マリほかジャンルを超えて活躍する多彩なキャストを起用 #LOEWENewCoat

LOEWE(ロエベ)は、2022春夏プレコレクションより「コート キャンペーン」を発表。境界を超えて。もっと自由に。2022春夏プレコレクションの主役はコート。多面的でしなやか、そして流れるようなデザインは、現代のジェンダーやファッションのあり方を表現している。この思考のもと、中村アン、夏木マリを筆頭とする、ジャンルを超えて活躍する多彩なキャストを起用し、日常生活を送る彼らの衒い(てらい)のない姿を撮影。写真家の堀越照雄と映像作家の堀田英仁がキャンペーンビジュアルを制作した。俳優の中村アンがまとうのは、カーキグリーンとソフトホワイトのアナグラム ジャカード フーデッドコート。ゆったりとしたAラインのシルエットで、フード付きのショールカラーと同色のベルトが付いており、マテリアルはダブルフェイスのウールジャカード。内側にはロエベのアナグラムがあしらわれている。夏木マリは、光沢のあるレッドのナパラムスキンのベルテッド コートを身に着けており、ストレートなシルエットに、パッド入りの立体的なラペルとショールカラーをあしらい、細いレザーベルトでウエストを強調している。フィギュアスケーターからアートディレクターに転身した森望は、ウォームデザートとラストの2色遣いのコートを着用し、エフォートレスなパジャマトラウザーズや、ブレスレット アンクル ブーツを合わせている。モデルのAKIMI NAITOは、ブラックのラップコートにアナグラムジャカードのアマソナバッグ ナノとネオングリーンのチェルシーブーツを合わせ、中性的な魅力を漂わせる。このエレガントなラップコートは、ウールとカシミアのダブルフェイス仕立てで、伝統的なクラフトマンシップを駆使して作り上げられている。同じくモデルのKEISHANが着ているのは、グレーのショールカラー ラップコート。この冬ロエベは、既存の境界を超えた、あらゆるアイデンティティにフィットするコートと、しなやかで洗練されたミニマリズムをお届けする。ロエベの「コート キャンペーン」で、この冬の一着をセレクトしてみては。

中村アン

夏木マリ

森望

AKIMI NAITO

KEISHAN

 

■LOEWE「コート キャンペーン」

https://www.loewe.com