ニューヨークで大好評を博したバンクシーのルーツに迫る『BANKSY GENIUS OR VANDAL?』展覧会を東京・WITH HARAJUKUにて開催 アンディ・ウォーホル&バスキアの貴重な12作品が登場

2018年からモスクワ、マドリード、香港、ニューヨーク、LA、日本各都市など累計300万人以上を動員する展覧会『BANKSY GENIUS OR VANDAL?(バンクシー展 天才か反逆者か)』を、12月12日から2022年3月8日まで、原宿駅前の東京・WITH HARAJUKUにて開催。社会風刺を凝らしたグラフィティアートやストリートアートで強いメッセージを発信し続け、世界が熱狂するアーティストの一人、バンクシー。横浜を皮切りに大阪、名古屋、福岡の主要都市を巡回する本展覧会に、NY開催時にも人気を博したバンクシー作品の”ルーツ”を探るオリジナル企画コンテンツが、いよいよ日本にも初登場。アンディ・ウォーホルやバスキアの作品を比較展示することで、バンクシー作品の制作背景に迫り、再解釈し、どのように新たなポップアイコンを生みだしたのかを楽しむことができる。「マリリン」×「ケイト・モス」。人々はアートではなく、ブランドや人気のあるイメージにお金を払いたい。大衆はアートを必要としない…。消費文化を冷静に皮肉ったバンクシーは、アンディ・ウォーホルによる「マリリン」の肖像からインスピレーションを得て、制作当時のポップアイコンであったスーパーモデルのケイト・モスをモチーフとした作品を発表。今回の展示では、ウォーホルの「マリリン」をコンプリートする10作品を揃え、比較展示をする。バンクシーのインスピレーションの源となった「マリリン」を再解釈することで、バンクシー作品の”ルーツ”を探索できる特別企画コンテンツとなっている。もう一つの”ルーツ”を探るバンクシー作品は、同じくウォーホルが1962年に描いたキャンベルのスープ缶からインスピレーションを得た、イギリスの大手スーパーマーケット「テスコ」のオリジナルブランドのスープ缶。地元経済を脅かす大企業への痛烈な批判を込めた本作品も、今や有名な作品の一つ。「もしアンディ・ウォーホルが生きていたら、今何を作るだろうか?」と問うその回答に、バンクシーが代わりに答えてくれているのかも知れない、と思わせるような比較展示を楽しむことができる。バスキアの代表作をオマージュしたミューラルも発表しているバンクシー。彼が大きく影響と受けた一人といわれているジャン=ミシェル・バスキアの作品『ジョウボーン・オブ・アン・アス』(制作年:1982年2004年 作品提供:株式会社ANDART)も、本展覧会に登場。バスキアの王冠・記号など代表的なモチーフが、落書きのようなタッチで繊細に散りばめられた一作。バンクシーの”ルーツ”を、バスキア作品から読み解く、大胆で新しいコンテンツ企画となっている。『BANKSY GENIUS OR VANDAL?』展覧会で、バンクシーの独特な個性を体感してみては。

■『BANKSY GENIUS OR VANDAL?(バンクシー展 天才か反逆者か)』

期間:2021年12月12日(日)~2022年3月8日(火) ※2月24日(木)休館 / 10:00~20:00(最終入場30分前) ※本展は謎に包まれたアーティスト「BANKSY」によってオーソライズやキュレーションされた展覧会ではなく、コレクターのコレクションが集結する世界巡回展。

会場:WITH HARAJUKU(東京都渋谷区神宮前1丁目14-30)

オフィシャルチケットサイト:https://eplus.jp/banksy-tokyo/

お問い合わせ:https://banksyexhibition.jp/inquiries-tokyo/

https://banksyexhibition.jp