GUCCIのクリエイティブ・ディレクター”アレッサンドロ・ミケーレ”のビジョンに基づいて創設されたオンラインコンセプトショップ「VAULT」に12人のジュエリーデザイナーが登場

GUCCI(グッチ)のクリエイティブ・ディレクターであるアレッサンドロ・ミケーレのビジョンに基づいて創設されたオンラインコンセプトショップVAULT(ヴォールト)に、12人のジュエリーデザイナーが登場。VAULTは、美への愛を表現し、夢と情熱を語り、時空を超えたアイデアを探求する貴重な品々を集めて披露する場。そのミッションに基づき、新たにジュエリーのセクションが加わり、Seb Brown(セブ・ブラウン)、MONDO MONDO(モンドモンド、デザイナーはNatasha Ghosn)、Bernard James(バーナード・ジェームス)、Bleue Burnham(ブルー・バーナム)、Charlotte Chesnais(シャルロット・シェネ)、Georgia Kemball(ジョージア・ケンボール)、Martine Ali(マーティン・アリ)、Rebekah Kosonen Bide(レベッカ・コソネン・バイド)、Fraser Hamilton(フレイザー・ハミルトン)、Castro Smith(カストロ・スミス)、TÉTIER(テティエ、デザイナーはFlorence Tétier)、Elie Top(エリー・トップ)の12人のジュエリーデザイナーの作品を迎え入れる。この個性あふれるジュエリーデザイナーたちのクリエイティビティは、さまざまな才能が集まるVAULTの世界をさらに豊かに彩ってくれる。12人のジュエリーデザイナーたちは、それぞれに伝統的なジュエリー制作の技巧を用い、作品を通じて自己を表現している。その作品は、アートや詩、歴史主義、民族衣装などを取り入れたお守りのようなジュエリーから、彫刻的なもの、夏の都会の公園から得たインスピレーションを受けたカラフルなジェムストーンで表現したもの、荒削りな仕上げで自然界の美と壮大さを表したもの、アンティークの天文時計や天球儀を思わせるもの、そして紋章や図像の新たな解釈まで、多種多様。VAULTに参加するすべてのデザイナーは、語るべき物語を持っている。VAULTでは、この新たな才能の紹介に合わせて、4回目となるグッチのヴィンテージ アイテムの発売をスタート。これらは、アレッサンドロ・ミケーレとグッチの専任アーキビストが厳選したセカンドハンドのグッチ製品に、丹念に修繕を施した最高レベルのヴィンテージの逸品で、ほとんどが1点もの。すべてのヴィンテージ アイテムにはエディションナンバーが付けられ、それぞれ独自のスペシャルパッケージで提供される。12人の個性豊かなジュエリーデザイナーが登場するVAULTをチェックして、あなたのお気に入りを見つけてみては。

ⒸImages courtesy of Gucci

 

■GUCCI「VAULT」

お問い合わせ:グッチ ジャパン クライアントサービス / TEL 0120-99-2177

vault.gucci.com