PRADAが映画的な夢のような風景へといざなう2021年ホリデーキャンペーン「真冬の夜の夢」を発表 才能あふれるジュリア・ガーナー、シーラ・ハースらが夢の祭典を表現

PRADA(プラダ)は、2021年ホリデーキャンペーン「真冬の夜の夢」を発表。映画はファンタジー。ファッションと同じように、現実の世界へ夢を運ぶ船の役割を果たしている。2021年ホリデーキャンペーンも、革新的なテクノロジーを駆使して作り出した映画的な夢のような風景へと観客をいざなう。映画は常に印象的。複雑なストーリー展開は、より深い物語と意味を喚起させ、プラダにインスピレーションを与えてきた。プラダ 2021年ホリデーキャンペーンでは、ハリウッド俳優を起用するプラダのキャンペーンの伝統をさらに発展させ、才能あふれる4人の新しい俳優が登場。ジュリア・ガーナー、シーラ・ハース、ルイス・パートリッジ、テイラー・ラッセルの4人は凍てついた地を探険する冬のシーンに登場する。やがてそこが幻想的に雪に覆われたロサンゼルスだとわかると、彼らは祝祭のためにデザインされたコレクションを纏い、ホリデーシーズンのテーマである、喜びの集いへと向かう。映画とファッションを融合させたこの短編映画は、カルト映画の脚本家・監督のメアリー・ハロンによるオリジナルストーリーと台本に基づいており、1990年代から現在までプラダと仕事を続けているグレン・ルッチフォードが監督を務めている。クリエイティブな分野をクロスオーバーして作られたキャンペーンのイメージは映画のスチール画から選んでおり、一点一点が謎の瞬間をとらえ、大胆な映画のパノラマとして紹介している。「真冬の夜の夢」では、21世紀の最先端のテクノロジーを駆使し命を吹き込んでおり、用いるテクノロジーは、バーチャルエフェクトツールの「Volume」。このバーチャルエフェクトは、光を放つLEDスクリーンの曲線のコクーンで構成された、没入型体験。「Volume」は物語と同じく、どこへでも移動でき、環境を作り変えて新しい現実を作り出す。ファッションと映画制作は、物語を伝えたいという願いによって一体となり、人々を共有体験で結びつける。映画、ファッション、コミュニティ、夢の祭典を表現したプラダ 2021年ホリデーキャンペーン「真冬の夜の夢」の短編映画を、お見逃しなく!

写真と映像:グレン・ルッチフォード / クリエイティブディレクション:フェルディナンド・ヴェルデリ / 俳優:ジュリア・ガーナー、
シーラ・ハース、ルイス・パートリッジ、テイラー・ラッセル

 

■PRADA 2021年ホリデーキャンペーン「真冬の夜の夢」

https://www.prada.com/