CHAUMETがハイジュエリー展覧会「フランスと日本文化のConversation ショーメのサヴォワールフェールと日本の名匠3人との対話」を横浜・三溪園にて特別一般公開

CHAUMET(ショーメ)は、ハイジュエリー展覧会「フランスと日本文化のConversation ショーメのサヴォワールフェールと日本の名匠3人との対話」を、11月23日から11月28日まで、横浜・三溪園にて特別一般公開。240年に亘り受け継がれてきたショーメの卓越したハイジュエリー60点超と、世界に名高い日本のVIRTUOSES(練達の名匠たち)との対話。本展は、フランス文化と日本文化の対話をコンセプトに、日本初お披露目を含むショーメのハイジュエリーと、日本の伝統芸術の職人たちが手掛ける作品をテーマごとに紹介する。フランスのサヴォワールフェール(匠の技)と日本文化の匠による美と文化の競演を楽しむことができる。ショーメのジュエリーと対話をするのは、日本を代表する名匠3家。竹芸家・四代 田辺竹雲斎氏、盆栽作家・木村正彦氏、刀匠・月山貞利氏、月山貞伸氏。奥義に達した名匠たちの「人の手が成す仕事」、素材へのこだわり、優れた技能、高い精神性はいずれもフランスが誇りとするショーメの深い美と共通する部分。会場には名匠達が生み出した作品の数々がショーメの芸術と呼ぶべきジュエリーとともに展示される。人の手で美を希求するというショーメと日本の名匠たちの対話を作品を通して楽しむことができる。編む、組むというテクニックはショーメならではの優美さの源。メゾンの技である「フィル クトー」はナイフの刃(クトー)のように薄い線(フィル)でパーツを繋ぎあわせ、ジェムストーンが軽やかに宙に浮いているように見せる極めて高度は技術。竹という素材のフレキシビリティを駆使し、古くから伝わる編み技を進化させ、これまで見たこともないようなかたちを空間に創造する四代 田辺竹雲斎氏。新しい表現を追い求める彼の精神は、荘重なクラシックを軽快なモダニティへと再解釈するショーメのエスプリに重なっている。色あせることなく輝くショーメのジュエリーに欠かせないものは、自然からの贈り物ともいえるジェムストーン。数十億年も大地の奥底で眠っていた石を選び抜き、カットし、ときにデザインに合わせてまたカットする。石に人の手を加えるラピデール(宝石細工)の技で、めくるめく輝きが引き出される。100年、ときに1000年を超える樹齢の盆栽も、手入れを続けることで長い歳月を生き、その命脈を保つ。移ろい、変わりゆく時代の流れのなかにあって「永遠」の意味を教えてくれるもの。しっかりと根を張り、揺るぎないもの。木村正彦氏の盆栽も、ショーメのハイジュエリーも、その在り方は同じ。18世紀に生まれたショーメの創業者マリ=エティエンヌ・ニトは、金細工に秀でた人だった。極限まで薄く引き延ばしたゴールドで、フォルムを大胆にかたち作る技は、職人の至芸ともいえるもの。オルフェーヴル(金細工)の伝統をショーメは今なお正しく守り伝えている。およそ800年の長きにわたり、作刀の技を受け継いできた刀匠・月山貞利氏、月山貞伸氏。彼等の鍛えた刀身には、綾杉肌と呼ばれる独特の模様が浮かび上がる。刀身に彫物をするのも 月山派の特徴。ショーメ、月山家ともに時代を越えて今もなお継承された昔ながらのやり方で、伝統そして技を継承している。ハイジュエリー展覧会「フランスと日本文化のConversation ショーメのサヴォワールフェールと日本の名匠3人との対話」で、フランスと日本の名匠たちの技術からなる美しいジュエリーをぜひ堪能して欲しい。

「ラ ナチュール ドゥ ショーメ」コレクション フィルママン アポロニアン ネックレス

「ペルスペクティブ ドゥ ショーメ」コレクション ラシ ネックレス

「レ シエル ドゥ ショーメ」コレクション パサージュ ネックレス

「ペルスペクティブ ドゥ ショーメ」コレクション スカイライン ネックレス

 

■CHAUMET「フランスと日本文化のConversation ショーメのサヴォワールフェールと日本の名匠3人との対話」

日程:2021年11月23日(火・祝)~28日(日) 特別一般公開 / 会場:横浜・三溪園 鶴翔閣(神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1) / 開館時間 9:00~17:00 / 展覧会は無料 三渓園入園料が別途かかります / Supported by:在日フランス大使館、公益財団法人 三溪園保勝会

お問い合わせ:ショーメ / TEL 03-5635-7057

https://www.chaumet.com/jp