Acne Studiosが写真家マリア・パセナウとコラボレーションした2021年秋冬アウターウェアコレクションのキャンペーンビジュアルを発表 オッダとフォルゲフォンナ氷河の周辺でコレクションを着た自分を記録

Acne Studios(アクネ ストゥディオズ)は、2021年秋冬シーズン、ノルウェー人写真家のマリア・パセナウとコラボレーションし、アウターウェアコレクションを彩る一連のキャンペーンビジュアルを発表。パセナウの作品は、頻繁に彼女自身の身体に焦点を当てている。最近のプロジェクトの一つである「Day by Day」では、毎日の自画像が1年間の個人的な旅をたどるだけでなく、自己表現の一形態としての服との関係を描いている。アクネ ストゥディオズ の「イメージメイカーズシリーズ」(新世代の才能あるアーティストが自身の方法で撮影したコレクション)の一環として、パセナウは「Day by Day」プロジェクトを継続し、現在住んでいるオッダとフォルゲフォンナ氷河の周辺で、アウターウェアコレクションを着た自分を記録している。パセナウの作品には、テクニカルファブリックを使用した一連のパッファージャケット、パデッドコート、フリーススウェットシャツなどのアウターウェアが登場。寒冷地向けのクラシックなピースとしては、フェイクファーで縁取られたフードが付いたココアブラウンのテックポプリンのパッファーパーカ、ベージュやスカイブルーのヒップレングスのテックキャンバスパッファー、インディゴブルーのややクロップド丈のマットパッファーなどがラインナップされている。また、フードとウエストにドローストリングが付いたモーヴ色のリップストップ・パーカー、ハイネックで誇張された襟が付いたベルテッド・パーカー、パッド入りのバックルベルトが付いたベージュ色のコットン/ナイロン製ミッドレングス・パッド入りコートもある。また、ハイネックのベージュのテディフリースハーフジップスウェットもアウターとして機能している。マリア・パセナウは、「私にとって、自宅で写真を撮ることはごく普通のこと。私は常に仕事をしていますし、カメラも常に一緒。アクネ ストゥディオズ での作品も同じアプローチを取りました。カメラをセットさえしておけば、酔っていても、疲れていても、シャワーを浴びたばかりでも、家に帰ればすぐに写真を撮ります。それは写真の一部であり、とても大切な一部です」と話している。2021年秋冬ウィメンズアウターウェアコレクションは、各店舗とacnestudios.comにて発売される。今年の冬はアクネ ストゥディオズとマリア・パセナウによる2021年秋冬アウターウェアコレクションで、あなたらしさを表現してみては。

■Acne Studios Fall/Winter 2021 Outerwear with Artist, Maria Pasenau

Acne Studios各店舗とacnestudios.comにて発売

お問い合わせ:Acne Studios Aoyama(アクネ ストゥディオズ アオヤマ)

https://www.acnestudios.com/