ZARAのラグジュアリーライン「STUDIO COLLECTION」の最新コレクションが発売 キャンペーンビジュアルにチハル、サーシャ・ピヴォヴァロヴァ、マラカイ・カービーらが登場

ZARA(ザラ)は、ラグジュアリーライン「STUDIO COLLECTION(ストゥディオ コレクション)」の最新コレクションを、10月14日より、ZARA公式オンラインストア と新宿店にて全セクション(Women、Men、Kids)、名古屋店ではMenのみ発売中(世界同時発売)。世界的なスタイリストKarl Templer(カール・テンプラー)とインハウスのデザインチームが協業で手掛けるZARAのラグジュアリーライン「STUDIO COLLECTION」は、年に二回発表され、そのシーズンを集大成したコレクションとなっている。Women:ベルベット、タータンチェック、そしてツイードにスパンコールを組み合わせ、テクスチャーと触感を追求。90年代グランジの要素を取り入れ、これらの馴染み深い生地を再解釈し、より洗練されラグジュアリー感のある新しいフォルムにリミックスされている。世代を超えて受け継がれるようなヴィンテージの風合いをアンティークメタルのディテールや淡いアーストーンによって表現し、パッチワークのドレスには、繊細なレースのトリムを施し、遊び心をプラス。大胆なオーバーサイズスーツは着る人の自信を映し出す。スーパービッグサイズのスクエアバックルベルト、ツートーンカラーのオペラグローブ、トロンプ・ルイユのスエードブーツ、そして個性的なストラクチャーバッグを加えることによって抜け感のあるスタイルを確立することができる。Womenのビジュアルは、フォトグラファー スティーブン・マイゼル、アートディレクションはファビアン・バロンが手掛け、モデルにはチハル、サーシャ・ピヴォヴァロヴァやリアン・ヴァン・ロンパエンらが登場。Men:スポーティーな要素とサルトリアルを融合させ、クラシカルなメンズのワードローブにテクニカルなアイテムをミックスすることでアップデートしたメンズウェア。大胆なオーバーサイズに仕立てることで新しいスタイルに生まれ変わった馴染みのあるテイラードのアウターは、豊かな質感とリュクスなタッチのソフトウールの使用することで高級感を演出。精密にカットされたテーラリングに、ナイロン製のインナーを組み合わせ、気取らないストリートスタイルがテーラリングにミックスされた新しいスタイルを提案する。アクセサリーには、ベレー帽、ネクタイ、レザーローファー、チャンキーブーツやスニーカーを展開している。ビジュアルは、ホルヘ・ロペス、マラカイ・カービー、アルノー・ヴァロワなど、今最も期待されている俳優たちを、ファビアン・バロンとデビッド・シムズが撮り下ろした。Kids:現代のロックスター達の子供達にむけた、モッズからインスパイアされたワードローブがテーマとなっている。ZARAのラグジュアリーライン「STUDIO COLLECTION」の最新コレクションで、今年の秋冬ファッションを楽しんでみては。

■ZARA「STUDIO COLLECTION」

2021年10月14日(木)よりZARA公式オンラインストア と新宿店にて全セクション(Women、Men、Kids)、名古屋店ではMenのみ発売中

お問い合わせ:Zara Customer Service(ザラ カスタマーサービス)

www.zara.com