「HITOTEMA」谷尻直子と「菓子屋ここのつ茶寮」溝口実穂が手掛ける、心を整える味噌ときな粉の和のチーズケーキ『一対』をITTSUI.jpにて発売

渋谷区の予約制レストラン「HITOTEMA」主宰で料理家の谷尻直子氏と、浅草で予約制にて糧菓のコースを提供する「菓子屋ここのつ茶寮」主宰の溝口実穂氏が考案した対(ツイ)なる和のチーズケーキ『一対』を、10月15日よりITTSUI.jpにて発売中。『一対(イッツイ)』は、和のもの、季節を大切に、食を通して心をつなぐ、谷尻直子と溝口実穂の”心を整える菓子をつくりたい”思いが重なり実現した、初めてのコラボレーションプロジェクト。ベースとなる菓子は、2人が偏愛するチーズケーキに即決し、互いが得意とする、日本文化を感じることができる国産食材にこだわり、幾度も試作を繰り返し、誕生した。お店に足を運べずとも「HITOTEMA」、「菓子屋ここのつ茶寮」が織りなす食体験を、『一対』を通してより身近に感じることができる。『一対』は、谷尻直子氏が考案した「味噌クラストのベイクドチーズケーキ」と、溝口実穂氏が考案した「きな粉クラストのレアチーズケーキ」の2種類が1箱で味わえるチーズケーキセット。好きな時間に、好きな様に食べてもらえるよう、ケーキの土台となるクラストは別添えで用意されている。ベイクドチーズと相性抜群の味噌クラスト、レアチーズのアクセントとなるきな粉クラストは、砕いてふりかけたり、そのまま塗ったりと、好きなように楽しむことができる。今後は、お茶やお酒など、おすすめのペアリングをHPにて公開予定。 「味噌クラストのベイクドチーズケーキ」は、福井県産の有機味噌を、米粉ときび砂糖のクラストに混ぜ込まれている。塩味を効かせたクラストが、チーズケーキの甘味とクリーミーさを絶妙に引き立て、チーズと味噌、二つの発酵食品のマリアージュを堪能することができる。「きな粉クラストのレアチーズケーキ」は、香ばしさと食感のアクセントに、北海道産のきな粉を使用。まるで雲の様に真っ白でなめらかなレアチーズムースと、焙煎されたきな粉の香りのハーモニーが口の中に広がり、フワフワとザクザクの食感を同時に味わうことができる。心を整える菓子和のチーズケーキ『一対』とともに、心安らぐ至福のひとときを堪能してみてはいかが。

味噌クラストのベイクドチーズケーキ

きな粉クラストのレアチーズケーキ

左:谷尻直子 右:溝口実穂

©Kazuhiro Fukumoto(TAKMI)

 

■一対(イッツイ)

2021年10月15日(金)よりITTSUI.jpにて発売中 / ¥9,900(税込) / 送料:全国一律 ¥1,100

https://ittsui.jp