Weekend Max Maraがスタイリストのガブリエラ・カレファ=ジョンソンとのコラボレーションによる新作シグネチャーコレクション「Family Affair」を発表 ビジュアルを”ジジ・ハディッド”が撮影

Weekend Max Mara(ウィークエンド マックスマーラ)は、ニューヨークを拠点に活躍するスタイリスト兼エディターのガブリエラ・カレファ=ジョンソンとの新作シグネチャーコレクション「Family Affair(ファミリーアフェア)」を発表。2022年春夏シーズンに向けた本コレクションのテーマ「ファミリーアフェア」には、カレファ=ジョンソンのインスピレーションの源である家族への思いが込められている。ファッションディレクターとしても活動する彼女は、自分のインスピレーションの源は家族だと公言している。ガブリエラ・カレファ=ジョンソンは、「自分のスタイルは肉親から受け継いだ遺産だと私はよく言います。私の家族の服装や着こなしには、遊び心とエレガンスがあるのです。私が美意識を持って手がける仕事はすべて、どこかに家族のエッセンスがあります。」と語り、そうした意味で、祖父母、叔父、叔母、兄弟などの自らの親族のスタイリングは「無限の参考資料」だと話している。彼女が語るように、本コレクションは「精神の個性、それが着こなしにどう反映されるか」をテーマとし、さらに印象的なのが、彼女自身のアーティスティックな経歴と独自のスタイリングのアプローチ。シネマティックなツイストと70年代の雰囲気が取り入れられており、力強く、引き込まれるほどあざやかなコレクションに仕上がっている。キャンペーンビジュアルは世界的なスーパーモデル”ジジ・ハディッド”によって撮影され、2022年3月のコレクション発売に合わせて公開される。彼女のひらめきは、古いアルバムをめくった時に浮かんだもの。特に70年代のアルバムのページをめくると、目に飛び込んでくるイキイキしたプリントや力強いシルエットからは、40年代や50年代の面影を色濃く感じることができる。世代を超えて、テイストとスタイルという普遍的な糸で結ばれた女性たちのために作られ、奏でられるメドレー。それぞれの作品に、ときめきと楽しさ、安らぎと個性を吹き込みたい。それがこのコレクションでカレファ=ジョンソンが目指したことだった。それこそが彼女の人生における信条、ファッションにおけるスタイル。この季節にふさわしく、着こなしやすく、さわやかなシルエットで、ドレスにスポットライトを当てている。ショート、ロング、スリット、袖あり、ノースリーブなど、あらゆる人が楽しめるように、さまざまなバリエーションが用意されている。ドレスに代わるトップスとスカートの組み合わせは、軽やかでさわやかな仕上がりで、暑い季節のカジュアルにはピッタリ。夏らしい遊び心のあるさまざまなアクセサリー登場。スタイリングのアクセントになるウォッシュ加工デニムのベイカーボーイハット、ダミエチェックのマクラメコットンやプリントのファイユ生地のアイコニックな「パスティチーノ バッグ」、ルーズなマクラメトートなど、自由な感覚で組み合わせられ、木靴が70年代の雰囲気をさらに強調し、すべてのルックスを統一されたテイストにまとめる。Weekend Max Maraの新作シグネチャーコレクション「ファミリーアフェア」で、遊び心のあるスタイルを楽しんでみては。

■Weekend Max Mara「Family Affair」

https://jp.maxmara.com/