OAMCがデンマークの写真家ラッセ・ディアマンによる2021年秋冬コレクション「ONE APPROACH, MYRIAD COLLAGES」のキャンペーンヴィジュアルを公開 素材の可能性から始める

OAMC(オーエーエムシー)は、デンマークの写真家ラッセ・ディアマンによる2021年秋冬コレクションのキャンペーンヴィジュアルを公開。素材の可能性から始める。-ロバート・ラウシェンバーグ。コラージュとアッサンブラージュ。ラウシェンバーグの語彙では「結合」。ラウシェンバーグは、ヨゼフ・アルバースの指導の下、伝説的なブラック・マウンテン・カレッジでの最初の年に経験した、素材を混ぜ合わせるという考えを持っている。この考え方はデザインの根底にあるものであり、2つの異なる素材、色、技術の間に正しいバランスと振動を見出すことであり、2021年秋冬コレクションの最初の出発点となった。日本製のシャープなウールやコットンのポプリンのオーバーシャツにオーガンジーのパネルをあしらったり、ウールのコートの襟にチャンキーなニットをあしらったり、テーラリング、シャーリング、フットウェア、アクセサリーにヘビーメタルの金具をあしらったりと、ミックスされた素材を使用している。しかし、素材の単純な対立だけではなく、今の私たちが置かれている場所や時間を反映して、思考や感情が交錯するような研究へと発展。トラックスーツや着心地の良い膨らみのあるアイテム、ゴムやクーリスで調整できるレザージャケットやパンツ、ゆったりとしたジャカードウールのオーバーシャツ、ダブルフェイスのシェットランドやビスコース/ナイロンのフレアカラーニットなど、よりリラックスした形の中に高揚感のある素材を使用。自宅での長期滞在時にも、移動中にも(可能であれば)着られる服。その根底にあるのは、たとえその場に留まることを求められたとしても、よく作られた美しいものに感謝し、それを求める姿勢の表現となった。レイヤードも重要。シルエットを構築するという意味でも、プリントされたオーガンジーやプリントされたグラフィックポプリンを一枚重ねることで視覚的な奥行きを持たせるという意味でも。イラストレーションの作品は、最近の過去がいかに古代史のように感じられるかを探求することで、時間と場所の変化を反映している。グラフィックのモチーフは自然を中心にしており、ディストピア的な視点から、少し環境保護主義的な視点ではないにしても、自然をテーマにしている。移動する鳥、枯れていく植物、そしてホッキョクグマ。美しい母なる地球の象徴であり、今もなおケアと注意を必要としている。アクセサリーは、コラージュのアプローチと透明感の両方を反映。手袋は素材とインダストリアルをミックスしたもの、バッグやクロスボディの小物はしなやかで膨らみがあり、ハードメタルのディテールが施されたもの、ネックレスはユーティリティコードで複雑に編まれた強力なリンクメタルチェーン。洗練された雰囲気と実用性の両方を反映しており、メランジ色のハリスツイードウール(ウォームブラウンとペトロール)に、鮮やかなイエロー、フューシャ、ミントグリーン、ペールブルーが混ざっている。黒と白のジャカードの重厚な斜めのウールコーティングに、深みのあるグリーン、ネイビー、ミスティグレーがコントラストをなしている。ブランド発足以来毎シーズンのように、開発はイタリアを拠点に、生地やアクセサリーはすべてイタリアと日本でカスタム開発されている。OAMC 2021年秋冬コレクションのキャンペーンヴィジュアルを通して、素材の可能性を見出してみては。

Photography by Lasse Dearman

 

■OAMC 2021年秋冬コレクション

お問い合わせ:EDSTRÖM OFFICE(エドストローム オフィス) / TEL 03-6427-5901

jp.oamc.com