Palm Angelsが21年秋冬コレクションを発表 外の世界とのつながりを取り戻すというシンプルな喜びを表現

Palm Angels(パーム・エンジェルス)は、21年秋冬コレクションを発表。今回のコレクションは、ラガッツィのデザインに対する反復の精神を表している。⻑期間、家の中でラウンジウェアで過ごした後に、社会⽣活に戻るための理想的なワードローブとしてデザインされた本コレクションは、威厳のあるゆったりとしたテーラリングから週末のレジャーシーンまでの⽣活様式のシフトを快適に過ごせるルックを提案。昨今の状況に対応する現実的な服装を想像しながら、動きやすいように、快適なシルエットを意識しながら、ブランドの世界観を表現している。今シーズンのワードローブのキーアイテムは、オーバーサイズのコート、シグニチャーのトラックスーツのボトムスやスラックス、ジャンパーとショートパンツ。すっきりとしたデザインに、テクスチャーやレングスで遊び⼼を持たせている。テーラードブレザーの襟にあしらったパーカーのドローストリング、スウェットやパンツ、上品なコートにもにバンダナプリントが施され、ブランケットから作ったフリンジをあしらったチェックのオーバージャケットは迷彩柄のスーツと合わせて提案。トラックスーツのサイドに使⽤していたシグニチャーのダブルストライプをテイラリングに取り込み、スタープリントやアニマリエのモチーフが無邪気なアクセントとして所々に登場。カラーパレットは、⿊、紺、キャメルのクラシックな⾊調をベースに、パープル、イエロー、モーヴをアクセントとして使っている。Palm Angels 21年秋冬コレクションは、外の世界とのつながりを取り戻すというシンプルな喜びを表現するために、エネルギーと安らぎを前⾯に押し出したコレクションとなっている。Palm Angelsは、変⾰を繰り返してきたブランド。クリエイティブ・ディレクターのFrancesco Ragazzi(フランチェスコ・ラガッツィ)は、都会の雰囲気を素材感を通してストレートに表現することで、ブランドのアイデンティティを確⽴。ガーメントはクラシックな形を保ちながら、多少のひねりを加えて、Palm Angelsらしさを表現している。Palm Angels 21年秋冬コレクションを着て、外出できる喜びをあらためて感じてみては。

■Palm Angels 21年秋冬コレクション

www.palmangels.com/en-jp/