GOLDEN GOOSEが時を経ても変化することのないユニークなDNAがすべて詰まったコレクション「Golden Collection」を発売

イタリア・ヴェネツィアのファッションブランドGOLDEN GOOSE(ゴールデン グース)が、時を経ても変化することのないゴールデン グースのユニークなDNAがすべて詰まったコレクション「Golden Collection(ゴールデンコレクション)」を10月6日よりゴールデン グース 東京店とオンラインストアにて発売。原点に忠実であり続け、アーカイブモデルにヒントを得ながらも、現在、そして未来へと目を向けてデザインされた、時代に左右されないユニークなワードローブが揃う。職人技術や厳選な素材選び、テーラーとしてのルーツ、日常に彩りをもたらすシグネチャーデザインなど、ブランドのDNAを体現し、季節や性別の垣根を超え、美の中に見出される不完全さを引き立たせる「Perfect Imperfections(完璧な不完全さ)」を表現している。直線的なフォルムと独特のヴィンテージ感が融合したこのコレクションでは、多様な製品ラインナップを揃え、アースカラー、ミリタリーグリーン、バーガンディなどのニュートラルカラーとメランジグレーを組み合わせた落ち着いたカラーパレットの中に、ブランドのインスピレーション源であるアメリカへのオマージュとして、レッドとネイビーを組み合わせている。これらソリッドカラーに加えて、ブランドを象徴するペイズリー柄と、ゴールデンスターを取り入れたオリジナルのレオパード柄を使用。すべてのアイテムには、アイコニックなゴールデンスターのメタリックスタッズと「G」の文字がレッド刺繍された、取り外し可能なホワイトパッチが施されている。また、注目すべきはブランドの伝統を重んじる、厳選されたレザー素材を用いたアイテム。スタッズを散りばめたバイカージャケットは、古くから使われている上質なブルレザー素材に、イタリアの職人技術を活かした加工を施すことにより、柔らかく美しい質感に仕上げている。デニムパンツ・ジャケット・シャツには、ユーズド加工、スタッズ加工、刺繍が施され、テーラーのルーツは、ゴールデン グースの重要な基盤を成している。ハンドペイントや刺繍によるたメッセージ、きらびやかな装飾、レオパード柄の裏地、エンブレム型のボタンなどが、アイテムに独特の個性を与える。穴あきニットウェアにはユーズド加工が施され、背中にはゴールデンロゴをフェルトで表現し、カーディガンにはヴィンテージのレザーボタンがつけられている。襟にクリスタルを装飾したり、色あせたカラーやプリントが目立つTシャツは、洗濯した後にロゴのパッチを取り外すことで、二重のコントラストを表現している。ゴールデン グースのユニークなDNAがすべて詰まったコレクション「Golden Collection」をあなたのワードローブにも加えてみてはいかが。

■GOLDEN GOOSE「Golden Collection」

2021年10月6日(水)よりゴールデン グース 東京店とオンラインストアにて発売

お問い合わせ:ゴールデン グース 東京店 / TEL 03-6803-8272

www.goldengoose.com