MONCLER GENIUS 2021よりHYKEとの初コレクション「4 モンクレール ハイク」を発売 クリーンな実用性と究極のシンプリシティ

MONCLER GENIUS 2021(モンクレール ジーニアス 2021)より、HYKE(ハイク)との初コレクション「4 MONCLER HYKE(4 モンクレール ハイク)」を、10月5日より、国内全モンクレールブティックと主要セレクトショップ、オフィシャルECサイトにて発売。HYKEは、控えめで洗練された美学を体現。日本のカルトブランドの生みの親である吉原秀明と大出由紀子は、ヴィンテージや伝統的なユニフォームへの関心と、ヘリテージを再構築する能力を融合し、インスピレーションを現代のライフスタイルと合ったデザインへと変換。クリーンで実用的なスタイルとパフォーマンスウェアの持つ機能面は、モンクレールの精神と理想的な相性を生み出している。「4 MONCLER HYKE」のコレクションを制作する過程で、HYKEは1954年にLionel Terray(リオネル・テレイ)が着用したダウンなどのモンクレールのアーカイブピースや、モンクレールの発祥地であるフランスのヴィンテージユニフォームからインスピレーションを受けた。こうした歴史からのインスピレーションは、モンクレールの高度な技術を駆使したファブリックや縫製技術による革新と芸術性によって発展を遂げ、HYKEのシグネチャーである洗練されたダウンのシルエットと、モンクレールのダウンを融合させたコレクションが誕生。ラインは純粋且つ合理的なもので、ダウンやフーデッドパーカー、取り外し可能な襟パッド付きのカラーレスコート、取り外し可能な裏地の付いたパーカーなど、ネイビーとトープを中心としたモノトーンのカラーパレットで構成されている。究極のシンプリシティは、サイドスリットや長めのプラーテープなど、HYKEの実用的なディテールと同様にシグネチャー。メンズコレクションとウィメンズコレクションには完璧な連続性があり、形と色のミラーリングが都会的な雰囲気を醸し出す。テディフリースやレイヤードパンツをはじめとして、プリーツスカートやドレス、リブニットのカーディガンやタバードドレスなどは、実用的でユニフォームの要素を取り入れたコレクションのスピリットを強調しており、それはビーニーやパディング入りのブーツなどのアクセサリーにも反映されている。また、大部分のウェアがパッカブルというアイディアも同様。伝統と革新は常にHYKEのキーワードで、その哲学は「4 モンクレール HYKE」にも受け継がれ、効果的且つ暖かで簡潔なメッセージを届けている。「4 MONCLER HYKE」の洗練されたスタイルで、大人のダウンライフを楽しんでみては。

■MONCLER GENIUS 2021「4 MONCLER HYKE」

2021年10月5日(火)より、国内全モンクレールブティックと主要セレクトショップ、オフィシャルECサイトにて発売

お問い合わせ:モンクレール ジャパン / TEL 0120-977-747

https://www.moncler.com/ja-jp/genius/shop-moncler-genius/4-moncler-hyke