MICHAEL KORSが往年の名作映画「007」の最新作とコラボレーションしたカプセルコレクション”マイケル・コース コレクション x 「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」”を発売

MICHAEL KORS(マイケル・コース)は、ブランド設立以来初となる、名作シリーズ映画とコラボレーション。コラボレーションのパートナーとなるのは「007」。ジェームス・ボンドシリーズの第25作目となる最新作「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」の公開を記念したカプセルコレクション”マイケル・コース コレクション x 「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」”を、9月下旬より、マイケル・コース銀座店とマイケル・コースの公式オンラインストア、映画「007」の公式オンラインストアにて発売中。マイケル・コース コレクションで人気を博すサッチェルバッグ、Bancroft(バンクロフト)をはじめとする3つのアイテムで展開する。MKC x 007(マイケル・コース コレクションと「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」のコラボ商品)は、「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」のために特別に企画され、イタリアの工場で丁寧に製造された「MKC x 007 Bond Bancroft」、「MKC x 007 Bond Carryall」、「MKC x 007Bond Duffel」。どのアイテムも映画「007」を表現しているかのように「都会的に洗練された」バッグ。リュクスなカーフレザーを用いて丁寧に仕上げられたBond Bancroft は、その洗練されたシルエットだけでなく収納もしっかりしており、普段使いに優雅さをもたらし、バッグの内側には”MKC x 007”と刻印されたプレートが特別に施され、コラボ商品ならではの仕様となっている。映画の中ではBAFTA(英国アカデミー賞)とアカデミー賞にノミネートされた英国女優ナオミ・ハリスが演じる主要人物、ミス・マネーペニーがこのバッグを愛用。カプセルコレクションをBond Bancroftと共に引き立てるのはカーフレザー製のBond Carryallとサンドベージュのコットンキャンバス地で仕上げたBond Duffel。どちらもトラベルスタイルを考慮してデザインされたバッグで、MKC x 007のロゴが刻印されたレザーのラゲッジタグが付いている。「ジェームス・ボンドの世界について考える時、いつも心に浮かぶのは”ジェットセットグラマー”、”都会的な洗練”、”スピード”、”活力”という言葉。そしてこれらは、ブランドのDNAの中核を成す言葉と同じなのです。ですから今回のコラボは正に、ファッションと映画の完璧な融合だと言えます」とデザイナー、マイケル・コースは話している。”マイケル・コース コレクション x 「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」”で、ボンドガールになった気分を味わってみては。

■マイケル・コース コレクション x 「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」

2021年9月下旬より、マイケル・コース銀座店、マイケル・コースの公式オンラインストア、映画「007」の公式オンラインストアにて発売中

https://www.michaelkors.jp/