Calvin Kleinが俳優”松田翔太”にフューチャーした「カルバン・クライン メンズウェア」エクスクルーシヴキャンペーンを発表 モダンでエッセンシャルな要素に焦点を当てミニマリズムを体現

Calvin Klein(カルバン・クライン)は、俳優 松田翔太にフィーチャーした「カルバン・クライン メンズウェア」のエクスクルーシヴキャンペーンを発表。キャンペーンでは、より一層洗練されたモダンでエッセンシャルな要素に焦点を当て、ミニマリズムを体現した2021年秋のカルバン・クライン メンズウェアコレクションを松田氏が着用。写真家 守本勝英(もりもと かつひで)氏がスチール撮影を務め、エフォートレスなデイリーウェアに根づいて、リラックスした雰囲気の中で松田氏のありのままの姿を捉えている。映像監督 竹内スグル氏が撮影を務めたキャンペーンビデオは11月初旬よりブランドの公式SNSやウェブ、テレビCMで公開を予定している。カルバン・クライン メンズウェアは美しいラインと、ソフトで快適且つ革新的なファブリックからなるモダンでエッセンシャルなコレクション。今シーズンは街の風景からインスピレーションを受けたグラフィックや、洗練されたブラック、グレー、そしてオリーブなどシーズンカラーを取り入れており、特に革新的なプログラムであるMOVE 365シリーズは4WAYストレッチの効いたカジュアルジャケットや、通気性の高いパンツ、撥水加工が施されたナイロンベストを始めとする実用性を極めた商品ラインナップで構成されている。シーズン後半にはサステナブルな素材から作られた汎用性の高いシルエットのアウターウェアがキーアイテムとして登場。PVH Asia-PacificプレジデントのAlexander Thomas Chu(アレキサンダー・トーマス・チュー)は、「カルバン・クライン メンズウェアのローンチを通して、日本でもより幅広いスタイルを提供していける事を非常に嬉しく思う。2021年秋のコレクションは、カルバン・クラインのミニマリストの美学を完璧に表現しており、ロイヤルカスタマーから高い好評を得られると私たちは確信している。」と話している。カルバン・クライン メンズウェアは、西武池袋本店、阪急メンズ東京店、伊勢丹新宿店、高島屋新宿店、そごう横浜店、ららぽーと横浜店、ジェイアール名古屋タカシマヤ店、岐阜タカシマヤ店、阪急メンズ大阪店、高島屋大阪店、大丸梅田店、あべのハルカス近鉄本店、阪急西宮ガーデンズ店、岩田屋本店にて展開をスタート。ジャパンブランドアンバサダーである松田翔太が体現する「カルバン・クライン メンズウェア」キャンペーンを、お見逃しなく!

Actor:Shota Matsuda(@shota_matsuda) / Photographer:Katsuhide Morimoto / Videographer:Suguru Takeuchi

 

■カルバン・クライン メンズウェア

国内展開店舗:西武池袋本店、阪急メンズ東京店、伊勢丹新宿店、高島屋新宿店、そごう横浜店、ららぽーと横浜店、ジェイアール名古屋タカシマヤ店、岐阜タカシマヤ店、阪急メンズ大阪店、高島屋大阪店、大丸梅田店、あべのハルカス近鉄本店、阪急西宮ガーデンズ店、岩田屋本店

お問い合わせ:カルバン・クライン カスタマーサービス / TEL 0120-657-889(平日10:00~17:00)

https://www.calvinklein.com/jp/ja/men-new-collection/