AMI PARISがルイス・アルベルト・ロドリゲスが撮影したFall-Winterキャンペーンを発表 アミ パリスの精神、愛、友情、インクルージョンの価値観を繊細に反映

AMI PARIS(アミ パリス)は、コミュニティであるf.AMI.lyを祝い、そして、初のコラボレーションであるアメリカの写真家と、ダンサーとパリの家を記念に、ルイス・アルベルト・ロドリゲスが撮影したFall-Winterキャンペーンを発表。それぞれの写真は、様々な感情を伝え、呼び起させる肖像画であり、親密なグループストーリーの新たなチャプター。パートナーや恋人、選ばれた家族、知人と親友たち…。本キャンペーンは、一緒にいることの必要性、人とのつながり、無限の多様性を祝い、そのムードは、AMI PARISの精神、愛、友情、インクルージョンの価値観を繊細に反映している。ダンサー、建築家、女優など、さまざまな分野におけるクリエイティブなバックグラウンドを持つ実在の人物が、白黒の肖像画の主人公として出演しているギャラリーには、AMI PARISの創設者兼クリエイティブディレクターであるアレクサンドル・マテュッシと、彼の母親のシャンタルの、心を打つ親子写真も掲載されている。それは90年代のNYを反映。一連の印象的で率直な全身ショットでポージングをするモデルたち。それは90年代のニューヨークと、その時代のファッションカタログのユニークなイメージからインスピレーションを得ている。AMI PARISのDNAの核でありメインコンセプトでもあるワードローブは、オーバーサイズのコート、チャンキーニット、バギージーンズなどにより、ミニマルな90年代の雰囲気で再解釈された。幼少期にダンサーとして訓練を受けたドミニカ系アメリカ人のルイス・アルベルト・ロドリゲスは、ジュリアード校からBFAを取得する前に、ラガーディア高校を卒業。15年間インターナショナルに活躍した後、フォトグラフィーに目を向けた彼は、被写体の体を彫刻的かつ抽象的に使用し、人間の形の動きの研究を続ける。2017年にフランスのイエールで開催された、第32回ファッションと写真のフェスティバルでPrix du PubliとAmerican Vintage Prizを受賞し、2018年の春にRed Hook Labsの新人アーティストの1人に選出された。その後アイルランドのウェックスフォードに滞在し、2020年には文化がどのように形成され、個人によって形成されるかについての考察を綴った「People of the Mud」を出版。現在ベルリンに住み、活動を続けている。ルイス・アルベルト・ロドリゲス撮影によるAMI PARISのFall-Winterキャンペーンで、改めて人との温かさを感じて欲しい。

■AMI PARIS Fall-Winter 2021 キャンペーン

https://www.amiparis.com/jp/