モンクレール ジーニアス2021よりヴェロニカ・レオーニの手掛ける「2 MONCLER 1952 WOMAN」とセルジオ・ザンボンの手掛ける「2 MONCLER 1952 MAN」を発売

MONCLER GENIUS 2021(モンクレール ジーニアス 2021)より、Veronica Leoni(ヴェロニカ・レオーニ)の手掛ける「2 MONCLER 1952 WOMAN(2 モンクレール 1952 ウーマン)」とSergio Zambon(セルジオ・ザンボン)の手掛ける「2 MONCLER 1952 MAN(2 モンクレール 1952 マン)」を、9月2日より、一部の国内モンクレールブティックと主要セレクトショップ、オフィシャルECサイトにて発売中。ヴェロニカ・レオーニによる新しい「2 MONCLER 1952 WOMAN」は、安心という生来の欲求と、逃避という野生的衝動との間に自らを見出すという、相反するものによって構成されている。二面性を持ったソウルをベースにコレクションを制作することで、地に足がついていると同時に脱出を夢見るようなパーソナルな矛盾の中に美を見出す。このコレクションは、最もオーセンティックなモンクレールの価値観に忠実であると共にツイストを加えることで、フェミニン且つ実用的、贅沢且つクリーン、大胆且つ自発的という新たな方向に導いている。ゴムやベルトでウエストを引き締めつつ、フルスカートを合わせることで、50’sの伝統的なフェミニニティと現代のダイナミズムを融合し、新たなスピリットを表現。形式にとらわれない個々の解釈でレイヤードし、自分らしさを演出することができる。クロップド丈からロング、メタリックからマット、ベッドシーツのように心地のいい取り外し可能なブランケットバージョンなど、様々なレングスやテクスチャーのダウンを提案。家庭の安心感と奇抜さとを同時に表現するなかで、パジャマにパディングやパイピングを施し、ドット柄のテクニカルシルク製のダウンブランケットへと解釈している。 新しい「2 MONCLER 1952 MAN」で、セルジオ・ザンボンは東京という街に着目。躍動する大都市の硬い骨組みを越えて、このコレクションは急速に変化する現代生活の中で、環境に配慮した考え方が浸透した、柔らかな中心部にまで踏み込んでいる。このコレクションは、休息のスピリットを家庭から公共の場にまで広げ、新たなコンフォートゾーンを定義することを目的としている。ザンボンは、先進的なアウトドアウェアを専門とする”and wander(アンドワンダー)”とシューズブランドの”Suicoke(スイコック)”という2つの東京のカルトブランドに注目し、コラボレーションを実現。結果として、視覚的に鮮やかでありながら心の底からくつろげるワードローブが完成した。セルジオ・ザンボンは、人類学者のような好奇心と、芸術愛好家のような貪欲な目で、ファッションと向き合っている。気さくでダイレクトなトーンを保ちつつ、得意とするポップなニュアンスを漂わせ、コラボレーションのアイディアを新たな方向へと押し進めている。ザンボンは、頻繁にアーティストを巻き込んだプリント開発を行っており、今回は、ユーモアのある魅力的なドローイングを特徴とするKaro Akpokiere(カロ・アクポキエール)氏と、エネルギッシュな東京を表現。アクポキエールは、モンクレールのロゴや1952年の新聞記事をコミック風に再構築し、作品にポップな印象を与えている。今年の秋冬は「2 MONCLER 1952 WOMAN」と「2 MONCLER 1952 MAN」で、あなたらしさを表現してみては。

2 MONCLER 1952 WOMAN

2 MONCLER 1952 MAN

■MONCLER GENIUS 2021「2 MONCLER 1952 WOMAN」「2 MONCLER 1952 MAN」

2021年9月2日(木)より一部の国内モンクレールブティックと主要セレクトショップ、オフィシャルECサイトにて発売中

お問い合わせ:モンクレール ジャパン / TEL 0120-977-747

www.moncler.jp