A.P.C.がスタイリストのSuzanne Kollerとのコレクション「A.P.C. SUZANNE KOLLER INTERACTION #12」を発売 ”明白な クラシック”をメインテーマに完璧なワードローブを構築

A.P.C.(アー・ペー・セー)は、INTERACTION企画の第12弾として、スタイリストのSuzanne Kollerとのコレクション「A.P.C. SUZANNE KOLLER INTERACTION #12」を、9月7日より発売中。2021年秋コレクションでは、長年のA.P. C.のコラボレーターであり、スタイリスト(ル・モンド誌『M』マガジンのファッションディレクター兼『SelfService』マガジンの共同創立者)のSuzanne KollerがInteractionコレクションに参加。Suzanne Kollerは2019年秋コレクションで初めてInteractionコレクションに参加し、”明白なクラシック”をメインテーマに完璧なワードローブを構築した。このテーマは、今季シーズンにも引き継がれており、彼女が考えるモダンシンプルを追求した12点のアイテムがラインナップ。これらのアイテムは古典的シックでありながら、決定的に古典的ではないエッジを効かせるコラーの個人的なスタイルを反映・主張している。ベージュのBrume parkaやAland Shirtなどは前回のコレクションから継続されたアイテムだが、若干変更を加えたトープカラーで再登場。2回目のコラボレーションとなる今季は、ホワイトとインディゴのHarbor Jeans、トープのBalt Trench、ピンクベージュのBay Jumpsuitなど、メンズアイテムやレディースの新アイテムも登場。Tシャツ2型は、Suzanne Kollerの”極端な楽観主義”と”贅沢なシンプルさ”を端的に表現している。Suzanne Kollerが、”ミニマルなシンプルさに対する終わりなき執着のループ”と称するアイテムを表現するため、キャンペーンはA.P.C.のレギュラーモデルのMarte MeiとPaul Hamelineを起用し、コラーの娘のTess Petronioが遊び心あふれる田園風景にて撮影された。この秋冬は、「A.P.C. SUZANNE KOLLER INTERACTION #12」のモダンシンプルスタイルで決めてみては。

FEMME 左:COMBINAISON BAY BEIGE ROSE ¥60,500 右:TRENCH BALT TAUPE ¥106,700(共に税込)

HOMME 左:PULL ETHAN OVERSIZE H MARINE ¥49,500 右:JEAN HARBOR INDIGO ¥31,900(共に税込)

 

■A.P.C. SUZANNE KOLLER INTERACTION #12

2021年9月7日(火)発売

展開店舗:オンラインストア、代官山FEMME、代官山HOMME、新宿高島屋、日比谷、京都、なんば、福岡、梅田、二子玉川、青山、名古屋クレアーレ、神戸、金沢、横浜

お問い合わせ:アー・ペー・セー カスタマーサービス(東京都港区赤坂8-5-30 青山一丁目ビル) / TEL 0120-500-990

http://WWW.APCJP.COM