和とダイバーシティが融合するカフェラウンジ『おむすびとせかいのごはん』を日本橋「SOHO30」内にオープン 和食文化の原点である“おむすび”と世界各地のソウルフードを月替りで提供

Reggio Design株式会社は、9月9日におむすびと世界各地のソウルフードを提供するカフェラウンジ『おむすびとせかいのごはん』を、日本橋にあるワンストップ型居住施設「SOHO30」内にオープン。同施設内にて、来年4月開校予定の大人と子供が学び合える 『レッジョアカデミー』 の入校受付を同日よりスタート。『おむすびとせかいのごはん』は、和食文化の原点であるおむすびと、世界各地のソウルフードを月替りで提供するカフェラウンジ。味や食材にこだわった食べ応えのあるおむすびと、世界各国の伝統料理や郷土料理といったソウルフードが用意されている。また、同施設内に併設する“大人も子供も学べるインターナショナルアカデミー”「レッジョアカデミー」のプログラムにて子供達が学んだ世界中の文化やレシピをメニューとして実際に提供するなど、アカデミーとカフェが併設しているからこその特徴を活かしたプログラムやアクティビティを計画中。メニュー開発は、楽膳家の塩山舞氏が手がけ、オーソドックスなおむすびに加え、塩山ならではの世界中のユニークな料理をオリジナルで提供。母としての顔も持つ塩山氏の「子供も大人も安心して健康的なごはんをみんなに食べてもらいたい」 という想いを込め、食べやすさや栄養にこだわっている。『おむすびとせかいのごはん』の全てのメニューはテイクアウト、デリバリーが可能となっており、おうちやお出かけ先でも楽しむことができる。塩山氏が自らブレンドしたオリジナルの塩を、あつあつのご飯に混ぜ込みふわっと握った「しおおむすび」や、ゆかり・塩鯖・ミョウガ・大葉などの食材がたっぷり入って見た目も鮮やかな「スクエアおむすび」、お子様もパクパク食べられる「こどもむすび」など、シンプルでオーソドックスなものからユニークでオリジナリティ溢れるものまで、数々のおむすびが登場。また、お米に合う汁物として「本日の具だくさんお味噌汁」や、どこか懐かしさのある愛のこもった手料理を感じさせるおばんざいメニューなど、おむすびと一緒に楽しめるお料理を提供する。世界中を回り、その土地の素材を生かした料理をしてきた塩山氏が手がける、せかいのごはん。単に各国の有名な料理を出すのではなく、イタリアの「ラザニア」や、メキシコの「タコス」、ギリシャの「フムス」など、その国の人々に長く愛されてきている「ソウルフード」を月替わりで紹介し、各国のライフスタイルを食事から体現することができる。また、仕事の合間やカフェタイムでも楽しめる手軽さはキープしながらも、本格的なカフェメニューを取り揃えていることも大きな特長。エスプレッソマシンはフランス製の「UNIC」、コーヒー豆は「CHEEERS COFFEE」の自家焙煎の高品質の豆を使用し、月替りの世界のソウルフードとの相性を考慮したペアリングのコーヒー豆も登場予定。おむすびに合う「おちゃらか」のほうじ茶や、規格外の不揃いな野菜で作る栄養たっぷりなスムージーなど、こだわりが詰まったカフェメニューを楽しむことができる。「SOHO30」内にオープンのカフェラウンジ『おむすびとせかいのごはん』で、日本と世界の食文化の融合を楽しんでみては。

■おむすびとせかいのごはん

2021年9月9日(木)オープン / 東京都中央区日本橋富沢町11-19 TEL 03-3527-3503 / 9:00~18:00(土日・定休日)

『レッジョアカデミー』入校受付:4月からの開校に際し、入校・プログラム参加希望の方は、こちらのアドレス(MAIL:contact@reggiodesign.jp)へご連絡ください。 / アカデミー入校に際する説明会は9月に開催 ※詳細は公式サイトにて告知予定

https://soho30.com/cafe/https://www.instagram.com/omusubi_sekai/