Weekend Max Maraが2021年秋冬シグネチャーコレクション「A.W.ORLD By Alek Wek」を発売 世界的に有名なスーパーモデルでありグローバルアイコンの”アレック・ウェック”とのコラボレーションから誕生

Weekend Max Mara(ウィークエンド マックスマーラ)は、2021年秋冬シグネチャーコレクション「A.W.ORLD By Alek Wek」を、8月28日より、全国のウィークエンド マックスマーラストアにて順次展開中、9月上旬より、公式オンラインストアにて発売。世界的に有名なスーパーモデルであり、その美しさとビジョンで世界中の女性に勇気を与えるグローバルアイコンAlek Wek(アレック・ウェック)とのコラボレーションから誕生した。南スーダンのルーツ、国際人としての生活、高級ファッション界において第一線で活躍するスター性、芸術的感性を兼ね備えたウェックは、今回のコレクションを「アフリカ文化、ロンドンコーリングの雰囲気、ボヘミアンの香り」の融合だと表現する。モダンで心地良く、独創的。それぞれのアイテムは汎用性に洗練と実用性をプラスし、自由なミックスアンドマッチが可能で、仕事から週末まで、さまざまなシーンで幅広く着回すことができる。本コレクションは、”インクルージョン(包括性)”をテーマに、クラシックでクール、パワフルで楽しい服を通して、女性、そのバックグラウンド、強さ、そして美しさを強調。1983年の内戦勃発後、祖国の南スーダンからロンドンに亡命したウェックは、ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションでファッションビジネスを学び、特にアートや歴史の授業に魅了された。一流雑誌の表紙を飾り、華やかなランウェイで喝采を浴びるだけでなく、国連難民高等弁務官事務所の親善大使を務め、2018年にはルカ・グァダニーノ監督のリメイク版「サスペリア」に出演するなど、多方面で活躍している。彼女のパーソナルなスタイル、そしてウィークエンド マックスマーラの価値観に合わせて、ソフトなテーラードコート、トレンチコート、縁飾り付きのドレープとフラウンスをあしらったドレスとボアのノースリーブベストなど、コレクションの定番アイテムがラインナップ。リッチなニットは寒い季節にピッタリで、ビンテージな感触のベルベットコートはコレクションの「ハンサム」な一面を強調。ブルーと黒檀を中心にしたカラーパレットは、南スーダンの国旗をイメージしたアクセントカラーが添えられている。黄色は太陽、緑は大地、赤は血、青は空、白は平和、黒は国民と、国旗の色にはそれぞれ意味がある。彼女自身の個性とアーティスティックな雰囲気は、プリントにも反映されており、彼女のアート作品から引用したグラフィックはしなやかに流れるようなドレスやシルクのスカーフをあざやかに彩っている。ファブリックは、ワックスドコットンからベルベット、さまざまな太さの糸を使ったウールからセクシーなシルクまで、豊富な種類をそろえている。アクセサリーは、刺繍入りのストラップが取り外し可能なシグネチャーバッグ「パスティチーノ」、フェルトのフェドラハット、乗馬ブーツ、格子柄レースの太いベルトなど、個性的な雰囲気をプラス。ウェックの言葉を借りると”スタイルは自分で作るもの”。すべてのアイテムがレイヤードやミックスで自由に組み合わせが可能となっている。Weekend Max Maraの2021年秋冬シグネチャーコレクション「A.W.ORLD By Alek Wek」で、あなた自身を自由に表現してみては。

左:Dress ¥115,500 右:Knit ¥48,400(共に税込)

Coat 左:¥127,600 右:¥169,400(共に税込)

 

■Weekend Max Mara「A.W.ORLD By Alek Wek」

2021年8月28日(土)より全国のウィークエンド マックスマーラストアにて順次発売をスタート / 9月上旬より、公式オンラインストアにて発売

https://jp.maxmara.com/