Y-3よりFall/Winter 2021 Collectionの第2章が登場 目に見えないチカラを生み出し身につける人を天空のファンタジーの世界へと誘うようなコレクション

Y-3(ワイスリー)より、Fall/Winter 2021 コレクションの第2章が登場。今シーズンは、都市から自然の中へというテーマをさらに発展させ、イノベーション、シュールレアリスム、固定概念の破壊、インサレーションの論理的な追求が特徴となっている。厳しい冬の季節に向けて、Y-3が提案するコンセプトは「Cocoon:繭」。たとえるなら、目に見えないチカラを生み出し、身につける人を天空のファンタジーの世界へと誘うようなコレクション。Y-3のFall/Winter 2021 コレクションの第2章は、Y-3.com、adidas.com/Y-3、アディダスアプリ、Y-3 ZOZOTOWN、Y-3国内直営店や指定の小売店にて、9月1日より世界同時発売された。大胆に美を追求したこのコレクションは、ニットウェア、上質なダウン、洗練されたパンツ、Tシャツで構成され、人間工学に基づいた素材を組み合わせて関節部に使用し、繭のようなシルエットに仕上げられた印象的なアイテムを数多く揃える。山地にも対応する機能性と、ZINEに着想を得たグラフィックプリントの融合が特徴。コレクションではアパレルだけでなく、キャップ、ビーニー、スカーフ、ベルト、バッグ、繭のように包み込むコクーンフードハットなど、機能性を備えたアクセサリーも登場した。フットウェアでは、Y-3 GR.1P 、Y-3 HICHO、Y-3 FORUM HI OGなど、無染色レザーを使用したアイコニックなY-3シルエットを展開。どのモデルもホワイトレザーにライトブルーのアクセントが特徴になっており、Y-3のクラシックモデル、Y-3 IDOSO BOOST、Y-3 KAIWA、Y-3 RUNNER 4D IOWは、ホワイトカラーにアップデートされた。また、Y-3 ORISAN、Y-3 SHIKU RUN、Y-3 ULTRABOOST 21も登場。パフォーマンスを重視したこれらのフットウェアも、印象的なボールドオレンジでアップデートされている。さらに、まるで繭に包まれているような体験を楽しめるキャンペーンも企画。専用の3D VFXを使用して山の雪景色を再現し、実際の人の生体データに基づいて作られたアバターを使って、コレクションのアパレル、フットウェア、アクセサリーをデジタルの世界でシミュレーションすることができる。Y-3のFall/Winter 2021 コレクションの第2章をいち早くチェックして。

■Y-3 Fall/Winter 2021 コレクション第2章

2021年9月1日(水)よりY-3.com、adidas.com/Y-3、アディダスアプリ、Y-3 ZOZOTOWN、Y-3国内直営店や指定の小売店にて世界同時発売

お問い合わせ : adidas fashion group showroom / TEL 03-5547-6501

https://y-3.com