Tiffany & Co.が米音楽界のパワーカップル”ビヨンセ”と”ジェイ・Z”を起用した現代の愛を称える新ブランドキャンペーン「ABOUT LOVE」を発表

Tiffany & Co.(ティファニー)は、米音楽界のパワーカップルとして知られるBEYONCÉ(ビヨンセ)とJAY-Z(ジェイ・Z)を起用した、現代の愛を称える新ブランドキャンペーン「ABOUT LOVE(アバウト ラブ)」を発表。1837年の創業以来、真実の愛のシンボルとして、世界中で素晴らしいラブストーリーを彩ってきたティファニー。「ABOUT LOVE」は、ブランドの新たなクリエイティブディレクションのもと制作されたキャンペーン。今回のキャンペーンでは、カーターズとティファニーがビジョンを共有することにより実現した特別なコラボレーション。ビヨンセとジェイ・Zが二人そろってキャンペーンに起用されるのは今回が初めてだが、「ABOUT LOVE」は人の繋がりと儚さを追求している。ジャン=ミシェル・バスキアの作品「Equals Pi(1982年)」を背景に、アイコニックな”ティファニーダイヤモンド”に照らされて、カーターズのラブストーリーが展開される。今回のキャンペーンは、ティファニーが所有するアート作品をはじめて公の場で発表するもので、ニューヨークのクリエイターたちとのコラボレーションという長年続けてきたティファニーの伝統を引き継いでいる。新たなブランドアイデンティティを掲げ、時を超えた愛の美しさとその多様な側面を表現すると同時に、現代の愛のあり方について新たなビジョンを提示。ティファニー史上初めてブランドキャンペーンに着用される”ティファニーダイヤモンド”は、総重量128.54カラット、ファセット数は82面を誇る。「ABOUT LOVE」の中でビヨンセが着用しているこのイエローダイヤモンドは、19世紀に発見されたジェムストーンの中で最も希少性の高い宝石のひとつとされている。「ABOUT LOVE」には、ジャン・シェランバージェやティファニー T コレクションなど、ブランドのアイコンジュエリーが随所に散りばめられている。また、著名な映画監督Emmanuel Adjei(エマニュエル・アジェイ)により、往年の名作「ムーン・リバー」をテーマソングとする映像作品も制作。1961年に公開された映画「ティファニーで朝食を」の主題歌として広く知られるこの名曲をビヨンセがアレンジを加えて歌い、その様子をジェイ・Zがスーパー8カメラで撮影している。二人が撮影の舞台として選んだのは、ロサンゼルスのオルム・ハウスと呼ばれる邸宅。この作品には、ノスタルジックな映像と映画のような夢のある画像が織り交ぜられている。バスキアによる「Equals Pi」も、ストーリーの中でティファニーブルーを彷彿とさせる作品として再び登場。本キャンペーンは、ティファニーが続ける社会的マイノリティへの支援の一環でもある。カーターズとパートナーシップを組み、Historically Black Colleges and Universities(HBCU)の奨学金およびインターンシッププログラムに200万米ドルの支援を約束。本キャンペーンは、9月よりティファニー公式サイトにて公開。さらに、2021年末には、著名な映像作家であるDikayl RimmaschとDerek Miltonが制作した作品も公開される。Tiffany & Co.の新ブランドキャンペーン「ABOUT LOVE」で、ビヨンセとジェイ・Zによる現代のラブストーリーを見逃さないで。

Tiffany & Co.「ABOUT LOVE」

2021年9月よりティファニー公式サイトにて公開

お問い合わせ : ティファニー・アンド・カンパニー ジャパン・インク / TEL 0120-488-712

www.tiffany.co.jp