藍師・染師”BUAISOU”手によって一足一足染められた日本限定の藍染「ナイキ ISPA ドリフター インディゴ カラー」を発売 NIKEのISPA ドリフターが新たなシルエットで登場

NIKE(ナイキ)は、徳島で藍の栽培から染め物までを一貫して行う藍師・染師”BUAISOU”の手によって、伝統的工程で一足一足染められた日本限定の「ナイキ ISPA ドリフター インディゴ カラー」を、8月31日より、SNKRS、NIKELAB MA5、DSM GINZA、一部NIKE取扱店にて発売。それぞれ個性的で一点物の雰囲気を漂わせた仕上がりとなっている。また、素材そのものの色をそのまま使った「ISPA ドリフター ナチュラル カラー」は、9月15日より、SNKRS、NIKELAB MA5、DSM GINZA、一部NIKE取扱店にて発売される。ナチュラルカラーのISPA ドリフターは、ISPAの理念を制作工程や素材選定に活かしたもの。Improvise(即興的工夫)、Scavenge(徹底的な素材の活用)、Protect(守る)、Adapt(応用する、適用させる)。ナイキの中でも革新性を見せるISPAは、これらを実現するために進化を続けている。ISPAの使命は、ユニークで変わり続ける人工的な環境に対応する画期的なプロダクトを開発すること。実験を基本にしながら、日常の中にある問題をスマートに解決する機能性と実用性を優先させた汎用性の高いフットウェアを作り出し、今回、ISPA ドリフターが新しいシルエットで登場。2020年に初登場したISPA ドリフターは、イノベーション、伝統主義、クラフトマンシップをテーマに作られた。特徴的なシルエットのミッドソールには、リサイクルされたナイキ ズーム X フォーム、ヒールクリップとアウトソールにはコルクが用いられており、アッパーはユニークな構造にして不要な素材や接着剤を省き、ソックライナーや素材の端まで接着剤をつけるミッドソールの使い方も避けている。スエードや天然のヘンプなどを含むプレミアムな素材を用いることで、ドリフターの意義や意図を感じさせる特徴的なデザインが生まれる。日本の地下足袋とナイキのイノベーションをハイブリッドさせたISPA ドリフターは、親指が別れた伝統的な足袋の形を、人工的環境に馴染み、軽量で一日中機能を発揮するシューズにアップデートしている。フットウェア プロダクト デザイン担当ヴァイスプレジデント(VP)のダリル・マシューズは、「ナイキ ISPA ドリフター インディゴ カラーは、ナイキ ISPA ドリフター ナチュラル カラーの白いキャンバスのような状態から、ドリフターのコンセプトの原点である日本に目を向けて作られました。ナイキ ISPA ドリフター インディゴ カラーは、徳島の”BUAISOU”の職人による、藍染めの技術からインスピレーションを得ました。日本向けにインディゴ カラーで作ることができ、また世界に向けてそのストーリーを発信する機会を得られたことを嬉しく思います。」と話している。日本限定の「ナイキ ISPA ドリフター インディゴ カラー」で、伝統の藍染をより身近に感じて欲しい。

■「ナイキ ISPA ドリフター インディゴ カラー」「ナイキ ISPA ドリフター ナチュラル カラー」

ナイキ ISPA ドリフター インディゴ カラー:2021年8月31日(火)SNKRS、NIKELAB MA5、DSM GINZA、一部NIKE取扱店にて発売 / ¥60,500(税込)

ナイキ ISPA ドリフター ナチュラル カラー:2021年9月15日(水)SNKRS、NIKELAB MA5、DSM GINZA、一部NIKE取扱店にて発売 / ¥24,200(税込)

お問い合わせ:NIKE カスタマーサービス / TEL 0120-6453-77

www.nike.com