プラダが感情を呼び起こす表現を追求した2021年秋冬レディス&メンズ広告キャンペーン「FEELS LIKE PRADA」を公開

PRADA(プラダ)が、2021年秋冬レディス&メンズ広告キャンペーン『FEELS LIKE PRADA』を公開。ミウッチャ・プラダとラフ・シモンズが手掛けた2021年秋冬レディス/メンズコレクションを紹介する2021年秋冬広告キャンペーンは、感情を呼び起こす表現を追求。感じるということは、感覚と感情の両方の意味合いを持っている。理知的に表現されるものではなく、本能的に自然と湧き起こるもの。デヴィッド・シムズによって撮影された写真はそれぞれが独立した物語の断片であることを暗示しながらも、連続して並べることで、感情を表現する独自の新しい抽象的な物語を形作る。見た目以上に奥深い「プラダらしい感性」を追求した。2021年秋に行われる様々な実験的活動がこの物語に命を与える。デジタルな世界と現実の世界の両方で繰り広げられるこれらの試みは、PRADAの視点を通して物語を再構築。2021年秋冬コレクションからインスピレーションを得たパターンが現実の空間や日常的なもの、及び建物のファサードを覆う。キャンペーンの作品に登場するこれらのものや場所は、手に触れ、感じることのできる存在。今回のキャンペーンは、その複雑で常に変化し続ける性質を反映させ、意図的に多面的な要素を取り入れながら、全体でブランドのビジョンを提示するプラダらしい感性となっている。PRADAの2021年秋冬レディス&メンズ広告キャンペーン『FEELS LIKE PRADA』で、感情を呼び起こす表現を感じ取ってみて。

Photographer : David Sims、Creative director : Ferdinando Verderi

 

■PRADA 2021年秋冬レディス&メンズ広告キャンペーン「FEELS LIKE PRADA」

www.prada.com