FENDIが2021-22秋冬ウィメンズコレクションにてひと際高い注目を集めた新作バッグ&シューズ「フェンディ ファースト」を発売 キム・ジョーンズのRTWデビューを機にメゾンのアクセサリーに新たな1ページを刻む

FENDI(フェンディ)は、2021-22年秋冬ウィメンズコレクションにて、ランウェイでひと際高い注目を集めた新作のバッグとシューズ「FENDI FIRST(フェンディ ファースト)」を、7月中旬より発売中。新アーティスティック ディレクターKim Jones(キム・ジョーンズ)のレディ・トゥ・ウェアコレクションデビューを機に、「フェンディ ファースト」の誕生によってメゾンのアクセサリーに新たな1ページを刻み、伝統を継承しつつも、未来へ向けて進化し続ける。抗えない魅力を放つコンセプトがひと際目を引く「フェンディ ファースト」バッグは、新たな幕開けにふさわしい大胆さを備え、ソフトなクラッチのフレームにメゾンの頭文字が斜めに配されている。一目でわかる個性をあくまでもさりげなく表現するこのバッグは、現代性のレンズを通して、フェンディならではのひねりを加えた型破りな姿勢を追及。バリエーション豊富な素材は、ソフトなナッパレザー、パイソン、ミンクファー、シアリング、「Karligraphy(カーリグラフィ)」のモノグラムを織り込んだフランネルがラインナップ。必需品をすべて持ち歩くことができるミディアムと、スモールのサイズで展開され、クラッチバックとしてはもちろんのこと、取り外し可能な付属のストラップで、ショルダーバッグとしても使用することができる。「フェンディ ファースト」シューズは、2000年春夏ウィメンズコレクションで発表されたカンチレバーヒールのフォルムに新たな創造性を加えて誕生。この構築的なミュールのヒール部分には、逆さにしたフェンディの頭文字をあしらい、フォルムと機能を両立させるフェンディならではの発想に敬意を表している。グラフィックなミニマリズムと洗練されたラグジュアリーのバランスを特徴とするこのシューズは、光沢のあるレザーと柔らかなシアリング素材で展開。ゴールドのメタリックヒールが高級感を添えている。FENDIの新作バッグ&シューズ「フェンディ ファースト」で、周りからの注目を集めてみては。

ⒸCasper Sejersen

ⒸAdam Katz Sinding

FENDI FIRST MIDIUM(W32.5×D15×H23.5cm) ¥396,000(税込)

FENDI FIRST SMALL(W26×D9.5×H18cm) ¥583,000(税込)

FENDI FIRST SANDAL(ヒール9.5cm) 左:¥187,000 ※仕様変更あり 右:¥170,500(共に税込)

 

■FENDI FIRST

2021年7月中旬より発売中

お問い合わせ:フェンディ ジャパン / TEL 03-3514-6187

www.fendi.com