FREDが”トモ コイズミ”とのコラボレーションによる3体のフレディズ「Tomo's Dolls」を発売 宝石職人の持つ技術を余すことなく結集させラッフルドレスのデザインを再現

FRED(フレッド)は、”トモ コイズミ”を手掛ける小泉智貴氏とのコラボレーションによる3体のフレディズ「Tomo’s Dolls(トモズドールズ)」を、7月13日より発売中。1989年にフレッドが発表した小さな人形型のペンダントブローチThe FREDY’S(フレディズ)に新しい家族が加わった。悪魔や船乗り、天使やサッカー選手など90年代にかけて作られたキャラクターたちはその後のフレッドのスタイルにも影響を与え、前回2009年にはジャンポール・グードの遊び心を表現したフレディズが発売された。この好奇心を掻き立てる家族の物語とさまざまなアーティストと歩むメゾンの伝統を引き継ぎ、今回はファッションデザイナーである小泉智貴氏とのコラボレーションとなった。小泉氏は学生時代からファッションに情熱を注ぎ、2011年に自身のブランド”トモ コイズミ”を設立。オーガンジーを贅沢に使用し彫刻的かつフェミニンな作品は瞬く間に注目され、日本のみならず世界中の著名人に支持されている。2019年2月にニューヨークで行われた最初のショーはファッション界のビッグネームから大きな称賛を得て成功を収め、翌年にはヤングファッションデザイナープライズを受賞。小泉氏が作品に注ぎ込むエネルギーとフレッシュなアイデアは体の「トモズドールズ」に輝き、オリジナルピースのデザインと同様にパールで顔が表現されイエローゴールドの服を着ている。小泉氏のシグネチャーであるラッフルドレスのデザインを再現するため、フレッドの宝石職人は持てる技術を余すことなく結集。マット感や光沢のあるゴールドのスカート、ソリッドやメッシュのような透かし彫り、非対称の形とサイズ、トップスやフリルに散りばめられたルビーやダイヤモンド、色とりどりのサファイヤ、ホワイトやレッドのラッカー。これらから分かる通り細部までデザインが表現され、まるでリズムを刻む足音が聞こえてくるかのように、生き生きとした輝きを放っている。衣装デザインにちなんで「シュシュ」、「フルフル」、「チュチュ」と名付けられた愛らしい人形は、フレッドが支持する多様性も表現している。頭にリボンを付けた「シュシュ」は、とにかく可愛いものが大好きなロマンティックな女の子で、パフスリーブとフレアスカートのセットアップにハートがポイントのスニーカーをコーディネート。自由なスタイルを好む冒険心あふれる「フルフル」は、フレッドのFがあしらわれたTシャツにトレーンスカートを合わせている。大人っぽくてクールな「チュチュ」は華やかなガラに出掛けるようなワンショルダーとメッシュのスカートのドレスに、色鮮やかなマルチカラーのストーンが散りばめられている。それぞれブローチとロングチェーンペンダント、2通りの着け方が可能。フレッド・サミュエルが提唱した、人生のさまざまな瞬間を祝うための生きる喜びと大胆なクリエイティビティを新たな方法で表現している。FREDとトモ コイズミによる「トモズドールズ」で、大人の遊び心を楽しんでみては。

シュシュ ¥1,617,000(税込)

フルフル ¥1,485,000(税込)

チュチュ ¥1,738,000(税込)

 

■フレディズ トモズドールズ

2021年7月13日(火)発売

www.fred.com